つらつら日暮らし

仏教、禅宗を学ぶ曹洞宗の禅僧によるつらつらなる日暮らし。時事ネタ、野球ネタもあります。

身延山の宿坊で赤痢発生 国内では7年ぶり

2018-10-16 07:11:30 | 時事ネタ・雑学・トリビア
国内7年ぶり、赤痢菌で食中毒…身延山の宿坊(YomiuriOnline)

山梨県は10月15日、同県身延町の宿坊「清水房」で今月2日と3日に食事をした40~90歳代の男女42人が、赤痢菌による食中毒を発症したと発表しました。ただし、患者は全員快方に向かっているようです。

報道では、国内での赤痢菌による食中毒は、2011年以来7年ぶりになるようです。

そこで、県では同宿坊を15日から3日間の営業停止処分としました。県の衛生薬務課によると、42人は身延山久遠寺参拝のために宿坊を利用し、夕食をとった後から相次いで下痢や腹痛、発熱などの症状を訴え、9人から赤痢菌が検出されました。夕食にはエビフライやもずく、ゆば刺しなどが出された。県が感染経路を調べているようです。

ということで、こちらの清水房のHPを見ると、久遠寺の塔頭であるとしています。日蓮聖人の孫弟子、日像上人の開山みたいです。

この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村 ニュースブログ 国内・地域ニュースへにほんブログ村 国内ニュースを1日1回押していただければ幸いです(反応が無い方は[Ctrl]キーを押しながら再度押していただければ幸いです)。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 江戸時代の学僧による禅戒復... | トップ | 日本最大の前方後円墳・仁徳... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

時事ネタ・雑学・トリビア」カテゴリの最新記事