つらつら日暮らし

京都アニメーションの放火事件で33人死亡 平成以降で最悪

まずは、今回の犯行により亡くなられた従業員の皆さまに心から哀悼の意を表し、また大きなケガをされた被害者の皆さまにお見舞い申し上げます。

京都アニメ会社放火、死者33人 平成以降最悪、現場で包丁発見(共同通信)

アニメ制作会社「京都アニメーション」(本社・京都府宇治市)の京都市伏見区にあるスタジオで7月18日に起きた放火火災で、京都市消防局によると、さらに32人の死亡が確認され、死者は計33人となりました。

警察庁によれば、放火事件の犠牲者数としては平成以降では最悪となるようです。

府警によると、身柄を確保された男は運転免許証などから関東在住の41歳で「死ね」と叫びながら放火したとの目撃情報があり、放火殺人事件として調べています。

また、本人は「パクられた」というような趣旨の言動をしていたということも報じられておりますが、動機の解明は必ずや行われるべきであると言えましょう。

更には、現場からハンマーと包丁数本を発見され、ガソリンを運んだとみられる携行缶も見つかるなどし、事前に入念な準備をして行った犯行であったようです。

それにしても、こういう時に「パクられた」というような言動を労する者の多くは、思い込みや逆恨みであるとされます。今回の場合、容疑者はこの会社に勤めていたことも無かったようですし、関係の有無についてはまだ良く分かっていないようです。すると、身勝手な思い込みだけでこれだけ多くの人を殺害した、ということになるのかもしれません。

この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村 ニュースブログ 国内・地域ニュースへにほんブログ村 国内ニュースを1日1回押していただければ幸いです(反応が無い方は[Ctrl]キーを押しながら再度押していただければ幸いです)。

gooブログも正式対応。ますますの応援よろしくお願いします!!

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最近の画像もっと見る

最近の「時事ネタ・雑学・トリビア」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事