つらつら日暮らし

男子100メートルで小池祐貴選手が日本歴代2位の9秒98

小池、日本歴代2位の9秒98 男子100m、3人目の9秒台(共同通信)

陸上のダイヤモンドリーグ第10戦第1日は20日、ロンドンで行われ、男子100メートル決勝で小池祐貴選手(住友電工)は日本歴代2位の9秒98で4位になり、日本人3人目の9秒台をマークしました。

また、前日本記録保持者の桐生祥秀選手(日本生命)は10秒13の7位で終わっています。

小池選手は追い風0.5メートルの条件下、好スタートを切ると、終盤まで勢いが衰えずに自己記録を0秒06縮めました。全体では4位でしたが、日本人3人目の9秒台ということで、やはり注目が集まります。それに、小池選手は本来、200メートルの選手だったと思いますが、ここに来て100メートルに名乗りを上げた格好です。

この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村 ニュースブログ 国内・地域ニュースへにほんブログ村 国内ニュースを1日1回押していただければ幸いです(反応が無い方は[Ctrl]キーを押しながら再度押していただければ幸いです)。

gooブログも正式対応。ますますの応援よろしくお願いします!!

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最近の画像もっと見る

最近の「マリーンズ・野球・スポーツ全般」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事