つらつら日暮らし

三菱商事が海外子会社での原油取引で345億円の損失

三菱商事、345億円の損失=海外子会社の原油取引で(時事通信)

三菱商事は9月20日、シンガポールの石油製品取引子会社が、原油のデリバティブ(金融派生商品)取引で約3億2000万米ドル(約345億円)の損失を発生させたと発表しました。

原因ですが、現地で採用していた元社員が、社内規定に違反する取引を繰り返し、損失を隠蔽していたようです。

今回、損失を発生させたのは子会社のペトロダイヤモンドシンガポール(PDS)で、PDSに採用されていた中国籍の元社員が、もともと認められている原油売買に伴う価格変動リスクを回避する目的の取引とは別に、社内規定に違反する原油の先物取引を行っていたとのこと。

8月に入りこの社員が欠勤したため、担当取引を精査したところ、帳簿が改ざんされ、損失が膨らんでいたことが分かったため、この社員は18日付で解雇し、刑事告訴したようです。

まぁ、損失が返ってくることはなさそうですが、やったことのけじめは付けて貰わないとダメですね。

この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村 ニュースブログ 国内・地域ニュースへにほんブログ村 国内ニュースを1日1回押していただければ幸いです(反応が無い方は[Ctrl]キーを押しながら再度押していただければ幸いです)。

gooブログも正式対応。ますますの応援よろしくお願いします!!

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最近の画像もっと見る

最近の「時事ネタ・雑学・トリビア」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事