つらつら日暮らし

仏教、禅宗を学ぶ曹洞宗の禅僧によるつらつらなる日暮らし。時事ネタ、野球ネタもあります。

栃木のクレーン車による児童6人死亡事故 原因は居眠り?

2011-04-19 06:05:41 | 時事ネタ・雑学・トリビア
クレーン車運転手「居眠りしていた」死者6人に(読売新聞)-Yahoo!ニュース 

栃木県鹿沼市樅山町の国道293号で18日朝、集団登校中の同市立北押原小学校の児童の列に12トンクレーン車が突っ込み、児童6人が死亡しました。

なお、鹿沼署に自動車運転過失傷害の疑いで逮捕された同県日光市大沢町、運転手柴田将人容疑者(26)は「居眠りをしていた」と供述しており、「ドンと何かにぶつかったのは覚えているが、人をはねたかは覚えていない」とも話したようです。

柴田容疑者は、午前7時40分に勤務先の建設会社を出て600メートルほど走ったところだったそうですが、たった600メートルしか走っていないのに、居眠りなんかするものでしょうか?クレーン車とはいえ、それなりに速度は出ます。ということは、余程体調的に問題がある中で運転させたこととなり、勤務先の建設会社の管理責任も問うべき事態になっているような気もします。

つまり、急に意識が落ちるような障害の症例があったと思うのですが、そういう病気持ちだった可能性は無いのか?ということです。無論、それがあったからといって、事故の責任を免れるわけではありません。逆に、そのような状態でクレーン車を運転したことは重大な過失です。

亡くなられた児童の親御さんを思うと、本当にやるせない事故です。今後は、より詳細なる事故原因の解明を願うばかりです。そして、正しく責任の所在を明らかにし、その責任に見合った罰の執行こそが、或る意味で供養になることでしょう。

そして、この事故を見て思うことは、普通の乗用車を運転している方であれば、誰しも無縁ではないということです。同じことが起きる可能性があります。その意味では、「凶器」を運転しているのだという自覚を忘れずにいたいものです。自転車でも同じです。流石に、今回ほどの重大なる悲劇を生むことはないでしょうけれども、やはり人命を奪う可能性がある車両です。慢心だけは絶対にしないようにしたいものです。もし、ハンドルを握ると性格が変わるという人は、もう、握らなくて良い方法を必死に考えた方が良さそうです。

この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村 ニュースブログ 国内・地域ニュースへにほんブログ村 国内ニュースを1日1回押していただければ幸いです(反応が無い方は[Ctrl]キーを押しながら再度押していただければ幸いです)。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 叢林論探究の難しさ | トップ | 今日、東北地方で大雨の恐れ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
よりによって… (sadakun_d)
2011-04-19 08:11:42
何も居眠りして小学生の集団登校に突っ込まなくたって!

愛知県猿投(さなげ)では同じようにトラックが突っ込み13人の幼稚園児が犠牲になっています

いきなり巨大な鉄のかたまりが向かってきては子供は逃げられません

痛ましき事故は運転士のモラルに任せるしかないのでしょうか

※栃木の犠牲になられた小学生。読めない名前ばかりでしたね
コメントありがとうございます。 (tenjin95)
2011-04-21 04:37:14
> sadakun_d さん

昨日辺りでは、事故の原因が、運転手の発作だとするような報道も増えてきました。この記事で書いた通りだったようです。でも、これまた記事に書いた通りですが、それは責任逃れにはなりません。むしろ、責任は強まった感があります。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

時事ネタ・雑学・トリビア」カテゴリの最新記事