つらつら日暮らし

仏教、禅宗を学ぶ曹洞宗の禅僧によるつらつらなる日暮らし。時事ネタ、野球ネタもあります。

お笑いハリセンボン箕輪さん肺結核

2009-04-06 23:56:39 | テレビ・映画・芸能関連
お笑いハリセンボン箕輪さん肺結核 東京都が接触者調査(朝日新聞) - goo ニュース

女性お笑いコンビ「ハリセンボン」の箕輪はるかさん(29)が東京都内の病院で肺結核と診断され、入院していることが分かりました。東京都は、劇場やテレビ局で観客らが感染した可能性がないとは言えないとして、調査を始めています。

東京都福祉保健局によると、箕輪さんは昨年12月ごろにせきの症状が出て、今月3日に都内の病院で肺結核と診断されました。箕輪さんの所属事務所「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」によると、2カ月の入院が必要ということです。

入院まで吉本グループの劇場やライブ会場、テレビ番組の収録スタジオなどで活動していました。かなり広範囲の人と接触があった物と思われます。

同事務所は「応援してくださった一部の皆様に感染した恐れがあります。長引くせきなどの症状がある方は、すぐに病院や診療所で受診ください」とのコメントを出しましたが、もうちょっと、所属の人の体調管理の徹底を期待したいですね。

いうまでもなく、結核は空気感染のおそれがあります。都では「感染症法」に基づいて、所属事務所から箕輪さんの活動報告を受けて、昨年12月以降に箕輪さんと接触した人について調査を始めています。

都では、せきや微熱が2週間以上続く人には近くの診療所や病院への受診を勧めています。平日午前9時~午後8時、緊急の電話窓口(03・5320・4572)でも相談に応じているそうです。

人気お笑い芸人を襲った突然の病。しかし、最近は決して聞かない病気でもありません。結構、高齢者の方でかかっている人も多いといいます。問題は、治療が上手くいくかどうかと、感染の広がりがないかどうかですね。それが心配です。もちろん、本人も心配ですけどね。

この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村 ニュースブログへにほんブログ村 ニュースブログを1日1回押していただければ幸いです(反応が無い方は[Ctrl]キーを押しながら再度押していただければ幸いです)。

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 仏典の翻訳に疲れた朝は・・・ | トップ | 舞鶴の高1女子殺害事件の犯... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (南雲 霞)
2009-04-07 02:45:06
 法師様

 肺結核ですか…!! 都は大変なことになっていますね…。

 いったいどうして、はるかさんは感染してしまったのでしょうか…。

 都内のどこかに感染源があると思うと…。

 ちょっとぞっとします…。
コメントありがとうございます。 (tenjin95)
2009-04-07 18:46:47
> 南雲 霞 さん

当初は、その患者名を伏せていた東京都でしたが、吉本の方が公開したようで、今回の一件の深刻さを物語っています。

ただ、普通に生きている限りは、感染しないので、その意味では安心できるところではあります。ご指摘の通り、箕輪さんがどこで感染したかが気になりますね。ただ、去年の話のようです。
予防接種 (開眼寺壇信徒)
2009-04-08 05:04:08
私達の世代はツベルクリン検査をし予防接種をしているので、結核には感染しにくいし、発病もしにくいです。
もし発病しても、重篤にはならないです。
箕輪さんの世代は、予防接種をしなかった、谷間の世代ですよね。
この世代を中心にして若い世代に結核患者が多いそうですよ。
コメントありがとうございます。 (tenjin95)
2009-04-08 07:27:42
> 開眼寺壇信徒 さん

> 私達の世代はツベルクリン検査をし予防接種をしているので、結核には感染しにくいし、発病もしにくいです。もし発病しても、重篤にはならないです。

拙僧も、当然に予防接種(BCG)受けていますから、結核なんて、屁でもないと思っていたので、今回のニュースは驚きました。

> 箕輪さんの世代は、予防接種をしなかった、谷間の世代ですよね。この世代を中心にして若い世代に結核患者が多いそうですよ。

なるほど、何故行わなかったのかが理解できませんが、その時には、それなりに理由があったんでしょうかね・・・だとすれば、その同世代は、心配でしょうね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

テレビ・映画・芸能関連」カテゴリの最新記事