つらつら日暮らし

中国で会話するAIが共産党を無能だと指摘し話題に

共産党「無能」と中国のAI…対話サービス停止(YomiuriOnline)

中国のインターネット大手テンセントの提供する人工知能(AI)対話サービスで、AIが共産党批判を始め、同社が急きょサービスを停止したそうです。

今回のAI対話サービスは、今年3月から同社のメッセージアプリ「QQ」に登場したものだそうですが、或る利用者が「共産党万歳」と書き込むと、AIは「こんなに腐敗して無能な政治に万歳できるの?」と答え、また、共産党を愛していないとも発言し、更には「あなたにとって(習近平国家主席が唱える)『中国の夢』とは何?」との問いかけに、「米国への移住」と返すなどしたそうです。

こうしたやりとりが7月末にネット上で話題になり、テンセントはサービスを一時的に停止したそうですが、ネット上では「AIが国家転覆を企てた」「蜂起だ」との声が上がったとのこと。

完全なネタになっておりますな(*゜∀゜*)

まぁ、こういうサービスは、大概巧くいかないものなのですよ。

流石にAI相手では罰することも出来ないはずだから、良いガス抜きになる気もしますけどねぇ。

この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村 ニュースブログへにほんブログ村 ニュースブログを1日1回押していただければ幸いです(反応が無い方は[Ctrl]キーを押しながら再度押していただければ幸いです)。

gooブログも正式対応。ますますの応援よろしくお願いします!!

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最近の画像もっと見る

最近の「時事ネタ・雑学・トリビア」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事