つらつら日暮らし

仏教、禅宗を学ぶ曹洞宗の禅僧によるつらつらなる日暮らし。時事ネタ、野球ネタもあります。

昨日の猛暑で2600人以上が搬送 10人死亡

2018-07-20 06:49:43 | 天変地異
熱中症2千6百人搬送10人死亡 京都市で39.8度、猛暑続く(共同通信)


日本列島は7月19日も高気圧に覆われて気温が上がり、京都市で39.8度の最高気温を記録するなど各地で35度以上の猛暑日になりました。

熱中症とみられる症状で救急搬送された人は2600人を超えたという報道があるようで、また、7県で10人が死亡したようです。

厳しい暑さは20日・21日と続く見通しで、気象庁は水分補給といった熱中症の対策を呼び掛けています。

また、各地で様々なイベントの中止や延期が相次いでいるようです。

なお、気象庁によると、京都市の気温は1880年に統計を取り始めて以来の観測記録1位(1994年8月)と並び、初めて6日連続で38度を超えました。他に滋賀県東近江市、大阪府枚方市、山口市、佐賀市、熊本県菊池市、大分県日田市などで38度を超えています。

以前から、もの凄く暑い地域として知られているところのみではなく、それ以外でも高温となっているようです。是非、ご注意下さい。

この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村 ニュースブログ 国内・地域ニュースへにほんブログ村 国内ニュースを1日1回押していただければ幸いです(反応が無い方は[Ctrl]キーを押しながら再度押していただければ幸いです)。
ジャンル:
災害
コメント   この記事についてブログを書く
« 袈裟と戒の関係について | トップ | 「まんが日本昔ばなし」の語... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

天変地異」カテゴリの最新記事