つらつら日暮らし

酒井法子被告 判決が出る・・・

酒井被告に懲役1年6月、執行猶予3年「逃走は卑劣」「依存性認められる」(産経新聞)-Yahoo!ニュース

まぁ、「こんなものなのかな?」という印象を受ける判決ですね。

今回の一件ですが、覚せい剤取締法違反(所持、使用)の罪で起訴された元女優、酒井法子被告(38)の判決公判が9日、東京地裁で開かれました。

村山浩昭裁判官は「覚醒剤への親和性や執着は明らか」として、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の有罪判決を言い渡しています。

なお、村山裁判官は「4年前に初めて夫に勧められて覚醒剤を使った後、昨年夏ごろからは毎月のように使うようになった。酒井被告から使用を持ち掛けたこともあることから、常習性や依存性が認められる」と指摘しており、夫で「自称プロサーファー」である高相祐一被告(41・同法違反罪で公判中)の逮捕後に逃げたことにも触れ、「犯行の発覚を免れようと、各地を転々と逃走するなど卑劣」と非難しています。

よって、今回の判決の結果には、逃亡も踏まえて、ということになるようですね。

また、「反省を深め、覚醒剤との縁を絶つ決意をして夫との離婚も考えている。母親らが酒井被告の監督を約束しており、所属していた芸能プロダクションを解雇されるなど社会的制裁も受けている」と執行猶予の理由を述べており、結局初犯として下される判決から、逸脱しなかった理由をまとめているようですね。

それから、判決を言い渡し後に、村山裁判官から「あなたはドラマなどでさまざまな役をこなしてきましたが、残念ながらこれは現実です。今後、その重みを実感すると思うが、負けずに薬物とは手を切って更生することを望みます」と語りかけ、その上で、読み上げた判決主文を酒井被告に繰り返して言うよう促すと、酒井被告は「懲役1年6月、執行猶予3年です」と小さな声で答えるなど、よくよく理解させようとしていますが、薬物が案件となっている裁判だけに、「本人の自覚」程度で何とかなるの?という気もします。

今後、2週間程度は、検察・弁護両方ともに、再度裁判を行うかどうか判断に迫られるようですが、とりあえず「こんなものなのかな?」という感じです。税金の無駄遣いを理由に裁判を翻意させるのは良くないのでしょうが、ついついそんなことを考えてしまいたくなりますね。

この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村 ニュースブログ 国内・地域ニュースへにほんブログ村 国内ニュースを1日1回押していただければ幸いです(反応が無い方は[Ctrl]キーを押しながら再度押していただければ幸いです)。

gooブログも正式対応。ますますの応援よろしくお願いします!!

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最新の画像もっと見る

最近の「時事ネタ・雑学・トリビア」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事