つらつら日暮らし

仏教、禅宗を学ぶ曹洞宗の禅僧によるつらつらなる日暮らし。時事ネタ、野球ネタもあります。

作家の団鬼六氏が死去 79歳

2011-05-07 06:22:57 | 時事ネタ・雑学・トリビア
作家の団鬼六氏が死去、79歳 官能小説で独自の境地(産経新聞)-Yahoo!ニュース

官能小説の第一人者で作家の団鬼六(だん・おにろく、本名・黒岩幸彦=くろいわ・ゆきひこ)氏が6日、胸部食道がんのため死去しています。79歳でした。

団氏は、滋賀県彦根市生まれで、関西学院大を卒業後、上京すると、バーの経営や中学校の代用教員など職を転々としました。昭和31年に「オール読物」の新人杯に入選しています。当初は純文学を書いたいたそうですが、雑誌に投稿した官能小説が評判となると、独自の境地を開いています。いわゆるSM小説などですな。

しかし、平成元年には、突然の休筆宣言し、将棋好きが高じて、将棋雑誌のオーナーを引き受けるなどしましたが、多額の借金を抱えています。そして、5年後に執筆活動を再開し、官能描写の背景に人間の本質を見据えた作品群は、男性だけでなく、女性読者にも支持されています。『花と蛇』などは、映画化もされ、杉本彩さんの体当たりの演技は、一時マスコミでかなりの報道がなされておりました。あと、小向美奈子さんも。

この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村 ニュースブログ 国内・地域ニュースへにほんブログ村 国内ニュースを1日1回押していただければ幸いです(反応が無い方は[Ctrl]キーを押しながら再度押していただければ幸いです)。
ジャンル:
文化
コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« <東日本大震災>地震保険の... | トップ | いよいよ「平泉」が世界遺産... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ヒソカ)
2011-05-07 10:30:52
この方は関西学院の出身なのですか。昨日も新聞広告で、この方の作品の案内を見たばかりで、訃報に驚きました。
コメントありがとうございます。 (tenjin95)
2011-05-07 10:46:06
> ヒソカ さん

> この方は関西学院の出身なのですか。昨日も新聞広告で、この方の作品の案内を見たばかりで、訃報に驚きました。

上記文章には書いていないのですが、関西学院大学の法学部らしいです。それでも小説家っていうのはどういう事なんだろう?とか思い、改めて調べてみましたら、母が、あの直木三十五と関わりがあったということらしいのですが、詳細は分かりません。

団氏は、一度断筆宣言をしたものの、その後再度書き始め、闘病中も書き続けていたようです。PTAとか、一部の人権団体辺りからの評価は色々とあるのでしょうが、でも、一分野を築いた作家であることは疑い無いように思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

時事ネタ・雑学・トリビア」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

団鬼六さん死去 花と蛇など官能小説 の第一人者 (ネット社会、その光と影を追うー )
官能小説で知られる団鬼六おにろく(黒岩幸彦)さんが6日午後2
訃報 (Kyan's BLOG IV)
官能小説「花と蛇」の団鬼六さんが食道がんのため死去:社会:スポーツ報知 延命を拒んで書き続けていらっしゃったようですが,ついに旅立ってしまわれましたか。 ゆっくりとおやすみくださいませ。 お世話になり...