つらつら日暮らし

タピオカの輸入量・輸入額ともに過去最高を記録

タピオカ輸入が過去最高 19年上半期、人気を反映(共同通信)

大阪税関は8月19日、2019年上半期(1~6月)の全国のタピオカ輸入量が前年同期に比べ約4.3倍となる4471トン、輸入額も約5.7倍の15億円で、いずれも過去最高になったと発表しました。

この背景には、若い女性を中心としたタピオカドリンク人気が指摘されています。

これまでも何度かブームとなっているタピオカは、もちもちした食感が特徴であり、暦年ベースで過去最高だった18年を輸入量、輸入額とも既に上回っているようです。

大阪税関の担当者は「かき氷やサラダなど、飲み物以外にも利用する飲食店の動きが広がっており、7~12月も好調を維持するだろう」と話しました。

なお、原産の国・地域別では、台湾からの輸入量が85.8%を占め、タイ、マレーシアが続いたようです。

ということで、今回のブームのタピオカは、まだ1回くらいしか試しておりませんが、とにかく人気です。数年前、細々とコンビニなどで売られていたタピオカミルクティーを、周りから「懐かしい」とかいわれながら飲んでいたことが、既に懐かしいですね。

この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村 ニュースブログ 国内・地域ニュースへにほんブログ村 国内ニュースを1日1回押していただければ幸いです(反応が無い方は[Ctrl]キーを押しながら再度押していただければ幸いです)。

gooブログも正式対応。ますますの応援よろしくお願いします!!

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最近の画像もっと見る

最近の「時事ネタ・雑学・トリビア」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事