つらつら日暮らし

<NPB2019>マリーンズは序盤の集中打で大量得点して逃げ切り

ZOZOマリンで行われたソフトバンク戦。

マリーンズは、序盤から打線が爆発し、荻野選手の先頭打者ホームランに始まり、初回で4点、2回は3安打3四球を集めて5得点。ほぼこれで試合を決め、ソフトバンク先発のミランダ投手をKOしました。

なお、ウチの投手陣も何やらメチャクチャで、二木投手は2回でマウンドを降りてしまうし、次の中村稔投手も3失点と危険な状況ではありましたが、9-5で逃げ切りました。

この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村 ニュースブログ 国内・地域ニュースへにほんブログ村 国内ニュースを1日1回押していただければ幸いです(反応が無い方は[Ctrl]キーを押しながら再度押していただければ幸いです)。

gooブログも正式対応。ますますの応援よろしくお願いします!!

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最近の画像もっと見る

最近の「マリーンズ・野球・スポーツ全般」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事