つらつら日暮らし

仏教、禅宗を学ぶ曹洞宗の禅僧によるつらつらなる日暮らし。時事ネタ、野球ネタもあります。

ペンギン投法で有名な左横手投げの安田猛投手が死去

2021-02-21 07:00:13 | テレビ・映画・芸能関連
安田猛さんが死去 ヤクルト「ペンギン投法」(共同通信)

プロ野球・ヤクルトスワローズで、左横手投げの変則投法ながら、主力投手だった安田猛投手が死去したと報じられています。

ガンで闘病されていましたが、73歳で死去されました。

福岡・小倉高から早稲田大、大昭和製紙を経て1972年にドラフト6位でヤクルトに入団すると、7勝5敗、防御率2.08の好成績で最優秀防御率に輝き、新人王に選ばれました。

「ペンギン投法」と呼ばれた独特の左サイドスローで、81イニング連続無四死球のプロ野球記録を作った73年も防御率1位でタイトルを獲得し、78年の初のセ・リーグ優勝、日本一に貢献しました。

安田猛 伸び切った前足に体を乗せる間,肘がしなる Pitching Mechanics Slow Motion


安田投手は81年で現役を引退されており、拙僧は年代的に現役当時の活躍はほとんど分かりませんが、それでも、変則投法が好きなので、安田投手の投法も随分マネしました。

心からお悔やみ申し上げます。

この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村 ニュースブログ 国内・地域ニュースへにほんブログ村 国内ニュースを1日1回押していただければ幸いです(反応が無い方は[Ctrl]キーを押しながら再度押していただければ幸いです)。

コメント   この記事についてブログを書く
« 将棋ブームの一方で「新宿将... | トップ | 独菴玄光禅師の三学観 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

テレビ・映画・芸能関連」カテゴリの最新記事