つらつら日暮らし

マリーンズ カスティーヨの活躍で乱打戦制す

唐川が序盤に大量失点した時には、もう試合も終わりかと思いましたが。カスティーヨ、凄い~ヨ。

F:002311000 7
M:00203201X 8


◆バッテリー
F:ウルフ、谷元、宮西、●榊原、石井=大野
M:唐川、川越、伊藤、○カルロス・ロサ、S薮田=里崎

◆本塁打
F:
M:カスティーヨ1号2ラン(3回・ウルフ)

◆試合の流れ

昨日が22歳の誕生日だったマリーンズ先発・唐川投手は、ファイターズ相手に3連勝中でしたが、なかなかスライダーが決まらず、苦しい投球だったようですね。結局、今季最短の5回途中、ワーストの6失点で降板してしまいました。

ところが、それでも負けなかったのは、新しく4番に坐ったカスティーヨの活躍もあり、逆転しています。カスティーヨは3回裏に1号ツーランを放つと、中盤からの追い上げにも参加し、2点を追う6回には、井口の犠飛に続いて、カスティーヨも適時打を放って同点に追い付きました。

8回は2死1、2塁から福浦が右へ適時打を放ち、勝ち越ししています。

カスティーヨは、昨年横浜に在籍していましたが、今年はシーズン途中でマリーンズに入団し、昨日が来日初出場でしたが、4番で4打数4安打3打点と大当たりでした。本人は、「毎日こういう活躍ができたらいい。自分でもびっくりしている」と笑顔だったようですが、確かにこの言葉が本当だったら、何の心配もしないのですが・・・いや、素直に期待しています。

この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村 ニュースブログ 国内・地域ニュースへにほんブログ村 国内ニュースを1日1回押していただければ幸いです(反応が無い方は[Ctrl]キーを押しながら再度押していただければ幸いです)。

gooブログも正式対応。ますますの応援よろしくお願いします!!

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最新の画像もっと見る

最近の「マリーンズ・野球・スポーツ全般」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事