つらつら日暮らし

仏教、禅宗を学ぶ曹洞宗の禅僧によるつらつらなる日暮らし。時事ネタ、野球ネタもあります。

世界初の塗料型太陽電池自動車発表 独ダイムラー

2011-09-02 07:05:02 | 時事ネタ・雑学・トリビア
世界初の塗料型太陽電池車 独ダイムラーが共同開発(産経ニュース)

ドイツの自動車大手ダイムラーと、化学大手BASFは、車体に塗る形で備え付ける「有機太陽電池」を使った電気自動車を共同開発したと発表しています。

両社によれば、同電池を使った自動車は世界初だそうで、13日からフランクフルトで始まるモーターショーで公開されます。見た目はこんな感じです。



上から見るとこんな感じ。



今回発表されたのは、有機太陽電池が採用されるのは小型車「スマート フォービジョン」とのこと。スマートっていえば、あのおむすびみたいな形で、坂道で転がったら、どこまでも転がっていきそうな恐怖を覚える車ですね。

その車の屋根に、透明な有機化学染料を使ったそうで、従来の充電型の電気自動車と違い発電が可能なため、長距離走行が可能になったようです。具体的な距離などは、今後公表でしょうかね。

他にも、車体の軽量化やホイールをプラスチックにするなどしてエネルギー効率を高めることにも成功したそうです。軽い方が、少ないエネルギーで何とかなるでしょうからね。

やはり気になるのは発電効率でしょうか。それから、雨が続いたり、雪が続いたりすると走れなくなりそうで、或る意味、砂漠地帯限定?

この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村 ニュースブログ 国内・地域ニュースへにほんブログ村 国内ニュースを1日1回押していただければ幸いです(反応が無い方は[Ctrl]キーを押しながら再度押していただければ幸いです)。

コメント   この記事についてブログを書く
« 今日は大敗 マリーンズ連敗 | トップ | 太陽北極域で異例の磁場反転... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

時事ネタ・雑学・トリビア」カテゴリの最新記事