つらつら日暮らし

伊志嶺プロ入り第1号HRなどでマリーンズ快勝

伊志嶺ナイスバッティングです。唐川ナイスピッチングです。

C:001100000 2
M:10010030X 5


◆バッテリー
C:●福井、青木、上野=石原、倉
M:○唐川、内、S薮田=的場

◆本塁打
C:
M:伊志嶺1号3ラン(7回・福井)

◆試合の流れ

初回、いきなりノーアウト3塁のチャンスから、伊志嶺が凡打して、岡田を本塁に迎えられなかった時には、これはマズイかも?とも思いましたが、その後4番に入っていた大松が最低限の仕事をしてくれて先制。

マリーンズの先発は、これまで4勝2敗の唐川投手。成瀬投手と並んでチームの勝ち頭。成瀬がここに来て失速しているので、事実上の独りエース状態でございます。しかし、3回に同点に追い付かれると、4回にも失点。両方とも、一挙に大失点の可能性もあった状況だったので、かなりビクビクしながらのネット観戦でしたが、最少失点で踏ん張る辺りが、今年の唐川投手の力強さです。

試合は同点のママで終盤を迎え、7回裏、先頭の的場がヒットで出ると1死から岡田がヒットを放って1死1・3塁の大チャンス。ここで、初回凡打でチャンスを潰しかけた伊志嶺に打席が回ります。正直、1点でも取ってくれればと、バントでも犠牲フライでも良いから、と思っていましたが、3ボールから次のボールを振り抜いた打球は、レフトスタンドに突き刺さる決勝スリーラン。伊志嶺プロ入り第1号は殊勲打になりました。

ナイスバッティングです。

試合は、8回を内、9回を藪田が締めてゲームセット。マリーンズ、広島相手に連勝しています。

追記:
「プロ初」といえば、ライオンズの若手、雄星投手がプロ初先発したそうですが、3回途中4失点でKOされたそうです。ホロ苦い先発デビューですが、元広島の大野豊投手のように、大投手左腕には同じような状況の人もいるから、めげずに頑張って欲しいものです。

この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村 ニュースブログ 国内・地域ニュースへにほんブログ村 国内ニュースを1日1回押していただければ幸いです(反応が無い方は[Ctrl]キーを押しながら再度押していただければ幸いです)。

gooブログも正式対応。ますますの応援よろしくお願いします!!

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最新の画像もっと見る

最近の「マリーンズ・野球・スポーツ全般」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事