つらつら日暮らし

仏教、禅宗を学ぶ曹洞宗の禅僧によるつらつらなる日暮らし。時事ネタ、野球ネタもあります。

<NPB>マリーンズは大事な試合でライオンズにサヨナラ負け(追記:MLB無安打無得点試合)

2013-09-30 06:59:08 | マリーンズ・野球・スポーツ全般
やる気あんのか?

M:0120010010 5
L:0031100001 6


◆バッテリー
M:古谷 、上野 、レデズマ 、南昌輝 、カルロス・ロサ 、内 、●益田 - 金澤 、川本
L:岸 、サファテ 、涌井 、○野上 - 炭谷

◆本塁打
M:ブラゼル 11号ソロ(2回)
L:浅村 26号3ラン(3回) 、秋山 13号ソロ(5回)

◆試合の流れ

ということで、リーグ自体は楽天の優勝で終わりましたが、日本シリーズ出場を掛けた、CSにどうやって出場するかで、現在2~4位までが激しく争っております。

しかし、4位ライオンズに、2位マリーンズが痛い1敗を喫しました。

そもそも、昨日は先発の古谷拓哉投手(32)の乱調が誤算でありました。3点リードの3回1死から四球で一、二塁とし、4番浅村に同点3ランを許し、4回には押し出しで一時勝ち越しを許すなど、3回3分の2で与四球5、5安打4失点と崩れています。

それでも、打線は徐々に追い付き、9回には一度、同点に追い付きますが、その後は投手リレーの采配ミスや、バッターにもミスが出て負けました。

また、抑え投手などで活躍した薮田安彦投手(40)が29日、今季限りでの現役引退を正式に発表しています。お疲れ様でした。

マーリンズ投手が無安打無得点 1―0サヨナラ勝ちで達成(河北新報)

ところで、大リーグではノーヒットノーランが出たらしいです。

といことで、フロリダ・マーリンズのヘンダーソン・アルバレス投手(23)が29日、レギュラーシーズンの最終戦となるマイアミでのタイガース戦で無安打無得点試合を達成しています。

今季の大リーグでは既に、レッズのホーマー・ベイリー投手、ジャイアンツのティム・リンスカム投手が出ていましたので、3度目になりますね。

此の試合では、打者30人に99球を投げ、4三振、2四死球。0―0で九回を投げ終え、チームのサヨナラ勝ちで達成しました。試合は1―0だったようです。

ベネズエラ出身の右腕アルバレスはブルージェイズで2011年にデビュー。昨季は9勝(14敗)を挙げ、マーリンズへ移籍した今季は17試合に登板して5勝6敗、防御率3・59と、まぁまぁの活躍をしています。

この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村 ニュースブログ 国内・地域ニュースへにほんブログ村 国内ニュースを1日1回押していただければ幸いです(反応が無い方は[Ctrl]キーを押しながら再度押していただければ幸いです)。
ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
« 9月29日 曹洞宗の両祖忌です... | トップ | 中日ドラゴンズ次期監督に落... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

マリーンズ・野球・スポーツ全般」カテゴリの最新記事