つらつら日暮らし

仏教、禅宗を学ぶ曹洞宗の禅僧によるつらつらなる日暮らし。時事ネタ、野球ネタもあります。

社民党・辻元清美議員が離党

2010-07-27 05:38:35 | 時事ネタ・雑学・トリビア
社民・辻元氏、離党の意向=執行部に不満、27日に会見(時事通信)-Yahoo!ニュース

今回の一件ですが、社民党の辻元清美衆院議員(50、大阪10区)は26日夜、衆院議員会館で重野安正幹事長に会い、離党の意向を伝えています。

先日の参院選、民主党の敗北ばかりが目立ちましたが、実は社民党もキッチリ負けています。

同党は、結局理念だけで現実的な対策を打てなかった沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題などで、政府と対立し、連立を離脱しました。

しかし、その時国土交通副大臣を務めていた辻元氏は離脱に消極的で、離党理由として連立離脱を主導した福島瑞穂党首ら執行部の党運営に対する不満を挙げたようです。執行部は慰留していますが、離党の意思はかなり前からの表明していたという報道もあり、今回も翻意は難しいとの見方が党内には広がっています。

社民党は参院選で、改選3議席を下回る2議席と敗北しましたが、知名度のある辻元氏の離党となれば同党にとってさらなる打撃で、福島氏の求心力低下が一層進むと見られています。というか、この選挙敗北についても、まだ総括していないんですよね。本来なら、福島氏は党首を辞めたって良さそうなものですけどね。

なお、辻元氏は重野氏との会談後、記者団に「党の在り方とか、連立離脱以降どう考えているかを幹事長に話した」とした上で、「そういうこと(離党)を含めて思いを伝えた」と語っています。しかし、離党届はまだ出していないようです。

同時に「今晩、考えをまとめてしっかり対応したい」と述べ、27日午後に大阪市内で記者会見して最終判断を明らかにする考えを示しています。

報道各社は、この一件を一斉に出しましたが、やはり、社民党の最後の状況を見ていくためにも、この辺はキッチリと引導を渡してあげないとイカン、ですね。

追記:
その後、正式に離党したようです。

この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村 ニュースブログ 国内・地域ニュースへにほんブログ村 国内ニュースを1日1回押していただければ幸いです(反応が無い方は[Ctrl]キーを押しながら再度押していただければ幸いです)。

コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 華なき空に華を降らす | トップ | もしも『法華経』が漢訳され... »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
福島さんちの清美さん (時評親爺)
2010-07-28 12:05:54
お昼の携帯からにございますので、短文にて失礼いたします(短文汗)。

福島さんと辻本さん、いろいろ目立つキャラとお見受けしますが、福島さんは先の選挙がもしや二期目でしたか?(新人汗)。

まあ、新しい政党党首が初めて国会議員になれば取り立てて言うことではないですが(謎)。

昔、民社党というのがありましたが、顛末を思い出せません、特に意味はないのですが(汗)。

携帯からだとURL記入できないので、下に置いときます。
http://selgae.exblog.jp
評価は割れています (大津留公彦)
2010-07-28 12:26:07
支持者の中も二分されているようですね。
社民党党首の可能性もあったでしょうが・・・
皆さんコメントありがとうございます。 (tenjin95)
2010-07-29 06:48:00
> 時評親爺 さん

> お昼の携帯からにございますので、短文にて失礼いたします(短文汗)。

お疲れ様でございます。
そちらも、酷暑でしょうか?

> 福島さんと辻本さん、いろいろ目立つキャラとお見受けしますが、福島さんは先の選挙がもしや二期目でしたか?(新人汗)。

そんなくらいでしたね。
前から、色々とテレビに出ていましたので、あまりそういう感じもしませんが、確かにそのくらいです。

> まあ、新しい政党党首が初めて国会議員になれば取り立てて言うことではないですが(謎)。

国会議員を党首に仰がない政党って、何なんでしょうかね?もちろん、存在していますけどね。政治結社というわけでもないんでしょうかね・・・

> 昔、民社党というのがありましたが、顛末を思い出せません、特に意味はないのですが(汗)。

あ、確かに分かりません。ぼんやり、最後の党首は記憶にありますけれども。

> 大津留公彦 さん

> 支持者の中も二分されているようですね。社民党党首の可能性もあったでしょうが・・・

今回の離党は、同党崩壊の歴史を早めたという感じもします。しかし、必要にされないのなら、後は崩壊するのみです。特に、政党や企業はそうでしょう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

時事ネタ・雑学・トリビア」カテゴリの最新記事