つらつら日暮らし

良寛禅師一口戒語(その16)

良寛さんが、たった一口で日常生活や仏道修行で足りないところを言い当てる、それがこの「一口戒語」。

いひ足らぬことは又つぎてもいふべし。

言葉足らずというのは、往々にして誤解を招くことです。その意味では、自分の言葉をハッキリと相手に伝える必要があります。その意味で、言い足りないことは、継ぎ足しても言うべきなのであります。飾りすぎる言葉はもちろん問題ですが、短すぎて、相手に解釈を任せてしまうような言葉もまた、誠実とはいえません。そう。良寛さんは、誠実な言葉を用いるように説いているといえるのです。

従来の記事は【カテゴリー良寛禅師一口戒語】からどうぞ。

この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へを1日1回押していただければ幸いです。

gooブログも正式対応。ますますの応援よろしくお願いします!!

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最近の「良寛禅師一口戒語」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事