つらつら日暮らし

イタリアでは給食費未納はおかず抜き

給食費未納にはオカズ抜きで対抗!水とパンだけ(スポーツニッポン)

さすがにイタリアでも物議を醸し出しているようですが、難しいでしょうね。

今回の一件ですが、イタリア北部モンテッキオ・マジョーレ市は22日、保護者が長期間にわたって学校給食費を未納にしている小中学生9人に対し、給食からおかずを除き、サンドイッチと水だけを出す措置を取ったそうです。

おかず抜きとなったのは、同市にある複数の小中学校の9人で、うち7人が移民の子供だそうです。この辺の問題も、根が深そうですね。ただ、この保護者は最長で2002年から1食約4ユーロ(約480円)の給食費を払っておらず、市側は「支払いを免除している低所得世帯ではないのに、払っていない」と強硬策に踏み切ったそうです。この、「低所得世帯」の決め方にも問題はありそうですが、社会保障をどこまで行うか?という観点で見れば、各国、各地域で温度差はあるでしょうね。

なお、教師らは「子供に罪はないのに非情」と市を批判したようです。この日の献立にはパスタ、ハンバーグ、サラダ、フルーツなどもあり、同情した同級生らがおかずを分け与えたそうです。優しい同級生ですね。なお、イタリアでは未納に対し、保護者の財産差し押さえが行われてきたそうですが、こうした措置は異例だそうです。

そういえば、日本でも最近の報道で、学費未納は卒業認めない、とかいう話がありましたね。でも、しわ寄せは子供に行くわけで、とにかく頑張って子育てしなくてはならないですね。

この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村 ニュースブログへにほんブログ村 ニュースブログを1日1回押していただければ幸いです(反応が無い方は[Ctrl]キーを押しながら再度押していただければ幸いです)。

gooブログも正式対応。ますますの応援よろしくお願いします!!

コメント一覧

フロレスタン
相当歴史の古い町のようです
http://88th-night.tea-nifty.com/nekojita/
給食費未納に関しては、日本はグダグダの対応なので、こういう毅然とした対応は見習うべきだと思います。

ところで、Montecchio MaggioreをWikipediaで調べたら、石器時代から人が住んでいるそうです。975年頃にできた城が2つあり、これを題材にルイジ・デル・ポルタという人物が1552年に書いたストーリーがロミオとジュリエットの話の元ネタになっているという説があるとのこと。
tenjin95
コメントありがとうございます。
> フロレスタン さん

> 給食費未納に関しては、日本はグダグダの対応なので、こういう毅然とした対応は見習うべきだと思います。

この教育現場で起きた一件については、善悪の判断は、おそらく立場によって異なり、難しいように思いますが、しかし、これくらいのことをしなくては、心の強い社会人にはなれない気もしますので、拙僧的には、一定の評価をしています。

> ところで、Montecchio MaggioreをWikipediaで調べたら、石器時代から人が住んでいるそうです。975年頃にできた城が2つあり、これを題材にルイジ・デル・ポルタという人物が1552年に書いたストーリーがロミオとジュリエットの話の元ネタになっているという説があるとのこと。

そうなんですか。シェークスピアの完全オリジナルってワケでもないんですね。拙僧、シェークスピア、全く知らなくてですね・・・
名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最近の画像もっと見る

最近の「時事ネタ・雑学・トリビア」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事