昨日の「神様がいいように決めてくださるのだろう」について

なんて他力本願なんだと思われる方もいるでしょう.信仰のない方にはこうした考え方は理解しがたいものかもしれません.しかし,非常に合理的な考え方だと思いますし,状況に対する肯定的意味づけをしているということは,認知活動という点から考えても非常に建設的であると思います.
物事に対して否定的意味づけをしてしまうという悩みをもっている人はたくさんいます.私だって否定的に考えてしまうこともあります.そういうとき親神様の存在というのはとても大きく,自分の行動や現在の状況を肯定的に意味づける手助けをしてくださいます.
これは信仰の対象でなくてもいいと思います.信仰のない人は自分でそう意味づけるよう認知の訓練をしたらいいのです.それが認知療法であり,認知行動療法と言われている心理療法です.でも私は個人的にはお道の教えの方が好きですけどね.また,フランクルの実存分析もいいと思います.
余裕があったらまたお話したいと思います.はい.

人気blogランキングへ
↑ランキング登録していますのでクリックお願いします.
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 祖父母の誕生日 近況 »