おらんうーたん・ぶろぐ

オランウータンと熱帯雨林、そしてそれらを守ろうと
真剣に取り組んでいるかたがたを応援するWebLogです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

神奈川県立自然環境保全センター

2012-04-12 04:57:20 | 自然環境保全センター
こちらでは、持ち込まれた傷病鳥獣を治療して元いた場所に帰したり、野生復帰できない子は長期飼養ボランティアさんに預けて終生面倒を見たりしています。
2年くらい前からこちらでボランティアをさせていただいております。おもな仕事は、鳥獣舎の掃除、給餌、洗濯、治療のお手伝いなどです。
今年は、6月2日、3日にボランティア講習会が開催されます。ボランティア登録には受講が必須ですので、ご興味のある方はぜひお申込み下さい。
この講習会、例年5月に行われていたのですが、このところ、挿し餌が必要なヒナ鳥が運び込まれる時期が遅くなっていて、春のメインイベント(?)挿し餌の実習ができないため(私たちの時もヒヨコで練習でした)時期をずらしたのだそうです。

ヒナが居ない今は、ボランティアが数人でも作業が比較的短時間で終わります。昨日は、急に満開になった桜の下でみんなでお昼を食べました。


イワツバメ、カワラヒワ、セキレイ、ヒヨドリ、ヤマガラ、池にはカルガモやオオバンもいました。いろいろなことを教えていただけるので、鳥も少しだけわかるようになりました。



こちらは先々週のものですが、野に帰すノスリの飛行訓練を見せていただいたり、谷戸の観察に出掛けたりも、挿し餌作業がない今の時期ならではです。

動画のノスリは、保護された場所に翌日無事放野されたそうです。よかった!

なお、前々回書いたタヌキの子は、職員さんが棒を持って徹底的に追い回した後、ぱったり姿を見せなくなったとのこと。何とか自力で生きていてくれていれば良いのですが。そして、子ザル「チャルくん」のほうは神戸モンキーズで晴れてデビューし、路上パフォーマンスで自活(?)。
コメント

MOF 久しぶりの講演会!

2012-03-23 03:54:55 | オランウータンと熱帯雨林の会
諸事情により丸2年間あいだが空いてしまいましたが、第5回講演会のご案内です。

原発停止に伴い火力発電は大きく伸び、石炭やガスの需要が急激に高まっています。
オランウータンの暮らす熱帯雨林は、天然ガス、石油、石炭など天然資源の宝庫。インドネシアはいま資源ラッシュに沸いているそうです。
でも、原発がダメなら火力で・・・という話ではないのではないでしょうか?

第5回講演会 人のくらしとオランウータンの森
日時:4月22日(日)14:00~16:30
場所:東京大学生産技術研究所 D棟大セミナー室(Dw-601) 東京都目黒区駒場4丁目6番1号
   地下鉄千代田線・小田急線代々木上原駅、 小田急線東北沢駅、
   京王井の頭線駒場東大前駅、 京王井の頭線池ノ上駅下車
資料代 : 1000円
定員: 100名
   (参加希望者は、氏名・連絡先・第5回講演会希望、と明記の上、
    下記連絡先までお申込みください)

昨年おケガをなさって長期療養をされていた鈴木先生、すっかりお元気になられました!
コメント

野生復帰ということ

2011-12-21 07:12:26 | 自然環境保全センター
今回もオランウータンの話ではなくて申し訳ないのですが、、、

写真は、神奈川県自然環境保全センターに保護されていて、最近放野されたタヌキの子どもです。おかあさんタヌキが妊娠中に保護され、センターで出産したものの母子とも疥癬症だったそうです。
こんなにフサフサのみごとな冬毛になってよかったですね。
でも、赤ちゃんのときからここで育っているので、ごはんの時間になるとごはんをもらいに来てしまうそうです。
http://youtu.be/U7uUYEGe8SA

この子を見て、春にセンターに居た子猿さんのことを思い出しました。
当初は、山で採れたヤマブドウのツルや小さなタケノコなどを与えられ、私たちボランティアは接触しないように言われて野生復帰を目指していたのですが、結局は残念ながら山に帰ることができず、九州の猿回しさんにもらわれて行きました。5月の旅立ちを前に、お別れに許可をいただいて撮影させていただいた動画です。
http://youtu.be/GQVbXo-lY54

その後、どういう経緯でか、神戸の劇団に移ったと教えていただきました。チャル君という名前をもらって訓練中だそうです。
http://ameblo.jp/kobemonkeys-nisukekikaku/entry-11033213306.html
http://ameblo.jp/kobemonkeys-nisukekikaku/entry-11052855580.html

意図しなかったとはいえ、結果的に野生復帰の妨害に加担してしまった一人として重く受け止めています。

一言で、山へ帰す、森へ帰すと言いますが、一度保護されて人の手でケアされてしまうと、ほんとうに難しいものだと思います。
コメント

これはやめてほしい!

2011-09-21 02:35:18 | Weblog
たとえ喫煙がインドネシアの文化だとしても。
http://mainichi.jp/select/world/news/20110920k0000m030076000c.html
コメント

瓶ヶ森の河童

2011-07-27 23:14:15 | Weblog
http://www.furucara.com/kappa.html
招待券をいただいたので今夜観てきました。

子どももおとなも楽しめるミュージカルとのことでしたが
人間と自然の森との間には踏み入ってはいけない結界がある、と
はっきりストレートに力強く叫んでいることに感銘を受けました。

生物多様性や生態系の保全といっても、やれエコツアーだ、やれ熱帯雨林の利用価値だと、
経済に結び付けなければ何事も進まないかのような昨今の風潮に
納得できないものを感じて疲れてしまった心に、ほんとうにストレートに飛び込んできて
やっぱりごく素直にコレしかないと思えました。

目を閉じなければ見えない景色が、もしもどこかに残っているなら
そのまま遺しておきたいと思いませんか?
オランウータンもそう。見えなくたって、見に行けなくたって
生きていてほしい、生き続けてほしいと思いました。

お芝居は河童のうごきが超リアル(?)で楽しかったですよ♪
コメント (2)

日本平のクッキーちゃん動画

2010-12-23 19:05:08 | 動物園
日本平動物園でも9月13日にボルネオオランウータンの男の子が誕生しました。
おとうさんは28歳のジュンくん、おかあさんは32歳のキャンディさん。
赤ちゃんの名前はクッキーちゃんに決まったそうです。

すでにひと月ほど前になってしまいましたが、11月28日に横浜市動物園友の会の施設見学会で
日本平動物園を訪れ、赤ちゃんに会うことができました。
キャンディさんは、寝ているときも座っているときも麻袋を頭からかぶって、
赤ちゃんを大事に包み込んでいました。たまに小さな手が袋の縁から伸びてくると、
おかあさんの大きな手が優しく押し戻します。両手両足で空中移動するときも、
麻袋を口で上手に扱って赤ちゃんをガードしていました。
夕方近くになってはじめて赤ちゃんのお顔をよく見ることができました。

こちらは、赤ちゃんのおとうさんのジュンくん
そうそう、このジュンくんと、野毛山からお嫁に行った先妻のベリーさんとの間に生まれたのが、
ズーラシアのジュリーくんだから、クッキーちゃんはジュリーくんの異母弟にあたる訳ですね。
ジュンくんが片手を高く上げて歩くこの姿、ジュリーくんの二足歩行の原点はココかも?

2歳で母親を亡くしたジュンくんを親代わりになって育てられた飼育の池ヶ谷さんが
既に定年を迎えられていて、お目にかかれなかったのが残念でした。
コメント (2)

市川のスーミーさんにも

2010-08-08 18:10:13 | 動物園
7月16日に第2子(女の子)が誕生したそうです。
http://www.city.ichikawa.lg.jp/gre06/1111000061.html

おめでとございます!
コメント

円山のレンボーちゃん

2010-05-29 19:48:56 | 動物園
無事に男の子を出産されたそうです。↓ おめでとうございます!
http://sapporo.100miles.jp/zoo_yoshida/article/569

ちゃんとおかあさんやってる、えらいなぁ。
がんばれ~、元気に育て~
コメント

コモモちゃんに会ってきたぞ♪

2010-05-05 05:47:28 | 動物園
5月4日みどりの日、東京都の動物園は入園が無料! ということで、4月23日から正式に公開になったコモモちゃんに 会いに行ってきました。
昨年11月14日生まれのニシローランドゴリラの赤ちゃん、コモモちゃんは 15:00~16:00、お天気が良くて気温が16度以上あれば放飼場に出てくるそうです。

動画はコチラ

腕にしがみついたダッコちゃんスタイルは、なぜか上下逆さ。

近づきたいハオコ父さんと微妙に距離を保つモモコ母さん。

やっと抱かせてもらえました。

モモコ母さんとコモモちゃん。

3ショット。

ちなみに5月5日が開園記念日の多摩動物園は今日も入園無料だそうです。
でもビデオも持ち主もちょっとチャージ不足かなぁ?
コメント (3)

今日のオランウータン

2010-03-28 05:12:37 | 動物園
箱入り息子です。
市川市動植物園のウータンくん、6歳。



動画はコチラ
コチラはウータンくんのお父さんの動画です。

コメント (4)