広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

瞑想のエッセンス 「柔」の思想

2008年03月25日 20時26分06秒 | yoga

ヨガをやってみようと思ったきっかけの一つに、瞑想があります。

瞑想とは、ひとことで言うと、集中の対象と一体になるほどに集中を深めること。

ヨガでは、このことを「主客合一」というそうです。

心を瞑想状態に持っていく時に、大切になるのが「柔」という思想です。

 

以下、綿本彰著「シンプルヨーガ」より

 

柔軟、柔道、柔術というように「柔」という言葉は、私たち日本人にとっては馴染みのある言葉です。

「柔」とは、コミュニケーションの摩擦を減らし、物事をスムーズに進めるための考えかた。

また弱者が強者に勝つための思想でもあります。

「柔」は「調和」という言葉におきかえることもできます。

自分と相手とを分離して力と力でぶつかり合うのではなく、相手と一体になり互いの力を合わせて一つの目的を達成するという意味です。

例えば、相手を自分の思い通りに動かしたいとき、強引に動かそうとすると相手は拒絶反応を示すでしょう。一時的に力でねじ伏せたとしても、長くは続きません。

そこで、相手の言い分を良く聞き、相手の立場になってその気持ちをよく理解し、信頼関係や一体感を築くことができれば、相手を強引に動かそうとしなくても、むしろ心を開いた相手の方から動いてくれるようになります。

結果として物事が自分の思い通りに運ぶのです。

力ずくで物事を動かすのではなく、まず対象を見つめ、観察して理解する。これが「柔」の思想であり、瞑想そのものともいえる考え方なのです。

 

ヨガをやって一ヶ月になります。

まだまだ、心も体もかたいのですが、「柔」=「調和」という考え方にすごく共感する部分がありました。

人の考えにおいても、ついつい自分と違う考え方に対しては否定したり、対立したりしがちですが、「柔」の心で人と向き合うことは、自分と向き合うことでもあるように思います。

子育てにも通じる物を感じました。

結局のところ、自分を「本当になりたい自分」に導いていくのも、自分しだいなんだなと思います。

コメント (6)

「たねのはなし」をします

2008年03月11日 07時08分16秒 | イベント

縁あって種の話をすることになりました。

種の種類(固定種、在来種、F1)、遺伝子組み換え種子、愛知の伝統野菜、自家採種(たねとり)などの話をします。

(自家採種の貴重な種のおまけつきです)

近年、自然食やマクロビオティックが広がって、有機農法で作った野菜の需要は増えているのですが、それとは逆行して、農業を生業とする人は減っていく一方です。

(今の農業の70%は65歳以上の高齢者が支えています。その中で有機農業を実践している人は0.16%といわれています。)

持続可能な未来へ繋げることを考えると、自分で食べる物は、自分で作る事が、これからのキーワードの一つになるような気がします。

種をつなぐことは、命をつなぐことだと思います。

これをきっかけに、一粒の種を播くことからはじめてみませんか?

 場所 愛知県大府市(大府駅から車で5分 石が瀬会館(ミュー石が瀬))

地図  http://www.city.obu.aichi.jp/fmap/map/c3index.htm

現地に来ていただくか 大府駅西口ロータリーに2:15に車で迎えにあがります。
参加申し込みの際、どちらをご希望か、一言お添えください。


日程・時間 3月30日(日) 2時30分から3時30分を予定しています。

参加費 1500円

 (玄米菜食の昼食つきは1時からで+1000円でお召し上がりいただけます)
 

参加申し込みはtembo619☆goo.jpまで ☆を@に変えて送信してください。

mixiでも告知しています http://mixi.jp/view_event.pl?id=28441918&comm_id=2920221

 

関連記事 昔野菜(伝統野菜)を作る意味 http://blog.goo.ne.jp/tembo619/e/3124c13be0419416bb86819d053822be

コメント (2)

エコなヨガマット

2008年03月03日 23時29分40秒 | yoga

先日、ネット通販でヨガマットを購入しました。

ヨガマットも、いろいろな種類があってどれにしようか?迷ったのですが、調べて見ると、[PVC - ポリ塩化ビニル]の素材が意外に多くて、驚きました。

値段は1000円を切る物が多いし、種類も多いのは魅力的で、迷ったのですが、永く続けたいと思っているので、少々高くても、環境に良いマットがいいなと思い、土に還る素材のマットを購入しました。

エコな素材だと天然ゴム、麻とゴム、土中分解製の素材、綿100%のヨガラグなどがあります。

 

ちなみに僕はアンリ&ベベのヨガマットを購入しました。

素材はTPEを使用。自然に優しく、土と融合する素材です。

PVCやラテックス等、類似した成分はいっさい含まず、リサイクル可能。

製作過程もラテックス、ゴムより環境に優しく、最新で最も優れた材料の一つであると認められています。

長さも183cmあり、男性でも使える点とグリップ性もあって、軽いのも気に入っています。

オーガニックコットンのストラップもおまけも付いてきました。

 

アンリ・ベベ エコロジカルヨガマット(5mm)

http://www.yoga-fitness.jp/anri-bebe/mattress-5mm.html

 

ブレイニームース ヨガマット(5mm) 
http://www.yogasirius.com/30/30215mm/

 

AGOY  アースクラシックマット(5mm)

http://www.yoga-fitness.jp/agoy/mattress02.html

 

ヨガワークス ヨガマットエコ(3.5mm)

http://www.yogaworks.jp/shop/yogamateco200501.html

 

オーガニックコットン ラグ 

 http://www.yogaworks.jp/shop/organic_cotton_rug.html

 

アナンダエコヨガ  ジュートマット(4mm)

http://homepage2.nifty.com/namaste/ecoyogamats.html

 

コメント (2)