広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

おちょぼ稲荷

2010年10月31日 23時55分17秒 | 自分の事
今日は嫁さんがおちょぼさんに行きたいと言うので急きょ家族でお千代保稲荷へ。

我が家の予定は思いつきで突然決まる事が多いので、なかなか予定通り進みません。

商売繁盛のイメージが強いおちょぼさんですが元々は稲の神様なので、僕は来年は米作りが上手くいくように五穀豊穣をお願いしてきました。
コメント

ダンシャってます。

2010年10月21日 12時38分26秒 | 自分の事

ここ数か月blogの記事が滞っている。

というのも夏から半農主夫を実践しはじめたのだが、早朝子供達の弁当作りにはじまり子供を自転車で保育園に送り家に帰ってから農作業を終えたあと昼御飯を作って少し休憩したあと掃除買い物子供を保育園に迎えに行き夕ご飯作り洗濯(午前中農作業をしたいので夜やってます)片付けで一日が終わっている。

家事をやってみて思ったのは、いつまでやってもきりがないという事。
(小さい子供を持つお母さんは本当によくやっているなぁと思う。

やる事があるのは物が多いせいや、収納の仕方や場所もあるのだろうと前々から思っていた。

数ヶ月前に本屋で断捨離(だんしゃり)の本に出会いずっと気になっていたのだが、某雑誌で特集が組まれたのを機に 読んだ日から早速実践することに。

実践して思ったのは、自分の気に入った必要最小限の物に囲まれていた方が心が豊かでいられるという事。

今の所自分の本、服、雑貨、CD、子供達のおもちゃ等を断捨離したけど、結婚してから13年間手を付けてないものもまだまだたくさんあり、自分の物だけではないので、完全に終わるのは年末になりそう。

今はいろんな意味で自分自身をリセットする時期なのかも。

新・片づけ術「断捨離」
やました ひでこ
マガジンハウス
コメント (2)

半農半主夫

2010年07月21日 14時23分50秒 | 自分の事

久しぶりの記事。

今年は田植えの直前の怪我で米作りは断念することに・・・。
そのこともあってしばらくは落ち込みぎみだった。

怪我のほうはというと完治はしてないのですが、縫った傷口と折れた骨もだいぶ繋がり、はがれた爪の下からは新しい爪が生えてきた。

自分の意思とは無関係に生きる方向に向かおうとする生命の再生力ってすごいなと思う。

今回怪我をしてから一週間ほど仕事を休んでいた時にいろんな事を考えていた。
いつも思うのだけど、怪我や病気は自分自身を見つめ直す為に与えられている機会の様な気がする。

若い頃はお金や名誉、地位や自分の快楽を満たす為の欲の為に働いていたけど、「今回収入の為だけに働く」という経験を通して、改めて「自分にとっての幸せって何だろう」ということを考るいいきっかけになった。

昨年秋に始めた仕事は拘束時間が長い事とや今回の怪我の事もあって先月末で辞める事に。

共働きで子供達とのコミュニケーションも少なくなってきていたし、家の中も散らりっぱなしでずっとその事が気になっていたので怪我をしたことでかえってその心配はなくなったので結果的には良かったのかな。

今年になって自分の「刈り払い機」、「チェーンソー」、「ヘッジトリマー」を買う事が出来たので、今やっている畑の面積を広げようかなと思っている。
梅雨も明けたことだし、少しづつ力も入るようになったので、先週から日当たりが悪い所の木を伐採したりして、畑の面積を拡大するための作業を始めた。

米作りをしてない分、野菜に関しては90%位は自給出来ているので、来年はお米と野菜で90%位は自給できると良いなと思う。


暫らくは半農半主夫をしながら、ゆっくり仕事探しをしようと思っている。



コメント (10)

怪我をしてしまいました

2010年06月03日 18時04分30秒 | 自分の事
今日仕事中に軽自動車のスライドドアで思い切り指を挟んでしまいました。
無意識にやってしまい一瞬何が起きたかわからなかったけどその後、激痛とともに出血。
あまりの痛みに思わず叫んでしまいました。

肉もえぐれて骨も飛び出していたので「ひょっとして指を切断かも?」と頭によぎりました。

薬指の第一関節を挟んだのだけど、指だけにかなりの痛み。

至急救急車を呼び病院に行ったのだけど救急車の中叫びすぎてかなり興奮していたので体もしびれも酷かった。
すぐに麻酔の注射をしたのでその場は痛みは緩和されました。

レントゲンを撮った後、複雑骨折と指の爪の位置がずれていたために正しい位置に戻して縫合して処置してもらいました。

その後麻酔が切れて再び激痛が。

叫ぶほどの痛みではないけど骨折と爪と傷の痛みでこの記事を書いている間もかなり痛いです。
激しい痛みは2、3日続きそう。

仕事も10日ほど休みをいただきました。

傷口が繋がるまでに2週間、骨がつながって動かせるようになるまで2~3ヶ月とのこと。

再来週あたりに田植えを予定してたけど、今年は田んぼはむずかしいので、畑に専念しようかな。

落ち込んでいるというよりか、まずは指を落とさずに済んだのでホッとしています。
コメント (8)

久々の記事です

2010年01月11日 21時57分12秒 | 自分の事
遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
 
しばらくバタバタしていて記事を更新できませんでした。
 
というのも実は昨年の11月で転職したから。
退職の一番の理由は、自分の生き方に正直に生きたいと思った事。
 
前々から自分でも気づいてはいたのだけど、実は会社やNPOなどの集団組織で働く事そのものが、僕にとってストレスの一番の要因になっていて、
他人と対立する意見があった時、自分の意見をはっきりと主張したり、自分とは価値観の違う他人の意見も受け入れる寛大さや柔軟性があれば一番良いと思うのだけど、しばらくそれが出来ない自分自身にしばらく落ち込んだり悩んだりしていた。
 
悩みぬいた末出した結論が、「人には適材適所がある」という事。
 
他人を無理に受け入れて自分を無理に変えようとしなくても、職人とか自営という選択肢もあるじゃないかという事に改めて気づいた。
 
職人とか自営というと自由なイメージもある反面、失敗したらすべての責任は自分で背負うというリスクがあって、なかなか踏み切れなかった。
 
結局、どこかで他人に依存して楽をしたいから、他人に責任転換できるからきっと無意識的に組織的な場を選んでいたんだなと思う。
 
自分の性格を変えることは難しいけど、自分の想いでやる仕事ならば信念があれば辛い事でもきっと乗り越えられると思う。
 
新しい仕事の内容については農業や食とは関係ない仕事なのであえてこのblogには書きません。
今回選んだ職は学歴や特別な資格も貯蓄も無く限定された条件の中で選んだ仕事。
しかも自分が最も苦手とする分野でいつも逃げていた職種でもある。
 
なぜ苦手な職種をあえて選んだかというと最も苦手な事を克服して、得意な物に変わったという経験を何度も今までしてきているから・・・。
またそういった経験の積み重ねが自分自身を支えにもなっている。
今の自分に一番欠けているものは自信だと思う。
 
今までも友人や知人に「自然食のお店を出してほしい」とか、「農業をやってほしい」とか応援してくれる人はいっぱいいるのに踏み切れない一番の理由は自分に自信が無いから。
 
まずは苦手なものを克服して好きなものに変えていく事が次のステップに繋がると思っている。
 
新しい仕事を始めて1ヶ月が過ぎましたが、普通の人よりは大変な想いをしていて、今はまだまだ覚える事がたくさんある段階。
 
暫らくはblogの更新もゆっくりになります。
 
2、3年は出来る範囲で自然に寄り添った生活をしながら、半農半XのXを模索しつつ本当の自分の目指す目的の為の資金を貯めていこうと思っています。
 
 
コメント (8)