紅 第9話「貴方と私と」

死亡フラグすぎるだろ(^^;;;;;;;;

紅香姉さんの価値基準って「直感」てw

まあ、「紅」のストーリーの大筋は決まってるわけで、
ここで紫が奪われなければ、その後の「取り返し」
描かれない。

でも、あまりに不用意…という思いはぬぐえないな(^^;
これなら前回あたりでさっさと拉致された方がリアリティはあった。

ともかく、ここまで来たら、後はラストに向かって走るしかないですね。

気になるのは、真九郎の「武器」をどう使うか、ですね。
彼はそれを「僕の弱さの裏返し」と考えているようで、
今回も出せばいいのに出しませんでしたね
ここらへんの「じれったさ」が気になっているわけですw

覚書メモ:
「環さんたちとお別れしときたい」でアパートに戻る真九郎。
自分から言い出すなんていじらしい…じゃなくて大切なことだわ」と姉さん了承。
→そのまま「対決の意思表示」をしにいく<ここもちょっとね(^^;
案の定踏み込まれて紫に対する言葉責め。。。
(「わたしは一族の子供を産むための存在です」)
<護衛は弥生一人だけ…もちろん護衛にならず
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ドルアーガの... 図書館戦争 第... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。