狼と香辛料 第1話「狼と一張羅」

行商人が村の氏神様(賢狼ホロ)とコンビを組みました、とw

で、(行商人に好意を持ってる?な)村娘が最後に村の長みたいなヤツの訪問を受けてたのは何だろね?
ああ、「おいしい話(=取引話)」の件だろうな( ̄▽ ̄)やばい!
それが行商人(ロレンス)たちにも関わってくるのか?
まあ、事情を知って村に戻るのかもしれないね。

異教vsキリスト教
、ってのは多少パターンではあるが、
そういうのが絡んでくるのだろうなあ、とか。

ハナシによると、基本的には商取引のハナシなんだとか?
そうですね「エマ」みたいのが好きな人にはいいんじゃないかなw

初回は「出会い→共連れ」まで一気に語ったカンジ。
しばらくは世界設定を把握するだけでも時間がかかりそう
(そういうのが魅力なのだろうが)

ここでの感想としてはマジメなものになってしまったけど、
それ以外に書きようがないんだよね(^^;
まさに「導入」。
雰囲気とか好感度で勝負してくるタイプと見たw
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ハヤテのごと... 墓場鬼太郎 ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。