鍼灸師 てっかんの奮闘記 ~師曰 愚按曰 問曰~

師曰、愚按曰、問曰などをつづってます。
関西漢法苞徳之会の情報

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

花粉症(春に発症する症状)は、今の時期の養生で決まる!

2008年07月14日 | アレルギー、花粉症 関連
漢法医学でいう

外因というのは

季節の気

いわゆる

春なら風、夏なら熱、夏土用の前半なら暑

夏土用後半なら湿、秋は乾燥の燥、冬は寒であり、

陰陽の性質上

風・熱・暑は陽性の邪

湿・燥・寒は陰性の邪

として分類されています。

邪というのは

今で言うウイルスも含まれます。

それらが身体に影響を及ぼして症状が現れます。


身体にも陰陽があって

体表が陽で、体内が陰。

今の時季

邪気は陽性の邪ですから

体表を安易に侵しやすく(親和性がある)

邪気が身体の陰の場所、陰のものと

激しく抵抗し、陰(水分など)を消耗します。

ですので熱が深い場所にあり

ただの発汗だけでは体内にこもった抜けません。


この夏に胃腸に負担をかけていて

暑さのために陰を消耗していたら

夏に症状が発症しなくても

冬や春先に症状を出します。

土(夏土用:脾)剋水(冬:腎)の関係

または土畏木(春:肝)の関係。

五行論でいうと

春の時期は肝蔵が威張っている時季。

木剋土(脾胃)、木畏金(肺:呼吸器)となるので

胃腸や呼吸器を中心とした

アレルギー症状が多くなります。

春先の治療は

風邪は風邪でも

冬の傷寒ではなく、温病ですのでご注意を!

つづきは次回に!



いつも読んでいただいて、ありがとうございます!
よければクリックおねがいします

関西漢法苞徳之会
7月例会は休会です。8月は17日です。

漢法はりきゅう療法科
7月分ご予約枠は全て満員となりました。臨時枠対応します。

鍼灸師の試験とお仕事♪







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 掟破り?人気ブログランキン... | トップ | 来院のみなさま、これから来... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アレルギー、花粉症 関連」カテゴリの最新記事