鍼灸師 てっかんの奮闘記 ~師曰 愚按曰 問曰~

師曰、愚按曰、問曰などをつづってます。
関西漢法苞徳之会の情報

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

花粉症(春に出てくる症状)は、今の時期の養生が大事 つづき

2008年07月16日 | アレルギー、花粉症 関連
今に時期は

どうしても冷たいものの取り過ぎ

暑さのために、あまり身体を動かさない

といった感じになりがちです。

無理はありません。

現代社会もストレスが多く

肉体を動かすことよりも

精神を使うことの方が多くなっています。

花粉症などを代表するアレルギーも

そういった環境・状況によって多くなってきています。

アレルゲンも多くなってきていてますが

それらをこの世から無くすことは不可能。

人間の身体が弱体化?してきている様に

思えます。

では、本来持っている免疫力をアップするように

もっていければ、発症する頻度も

少なくなってくるのではないでしょうか。


この夏土用は

熱が多く、また湿気が多くなっています。

その熱と湿気が身体の深くに浸透し

湿気のせいで、体内にこもった熱を

汗をかいても、出しにくくしています。

実はこのこもった熱がクセモノで

夏土用から秋に移行するとき

暑い時期から寒くなっていく時期への移行時に

身体内には夏土用時に溜め込んだ熱と湿気がたくさん残っています。

おまけに寒くなってくと皮膚毛穴が、それに反応して閉じてしまいます。

そうすると体内に残った熱湿が外へ出ていかなく

そのまま留まってしまいます。

それが春先の季節の移行期、寒い時期から温かくなろうとする時期に

春の陽気と発散の作用といっしょに

表に出て行こうとする時にアレルギー症状として

身体に現れるのです。


それを防ぐ為に

本来は運動をして発散するということが行われてきました。

夏祭りや秋祭りに運動会

暦や季節の行事ですね。

昔の方は、それらをわかって季節にあった行事を行っていました。

今はお受験の関係で

運動会を5月ごろに行っているのを目にしますが

本来、身体のことや精神面のことを考えると

今の時期や秋に行う方が良いと思います。


それが無理なら

運動や体操などをお勧めしますが

その前に鍼灸治療を行って

身体の環境を整えるようにされた方が、断然いいです!

ツボには、季節に対応した症状や原因を取り除く

特殊なツボがあります。

それらを体質や症状にあわせて使い分けていきます。

話はまだまだありますが

今日はこのあたりで!



いつも読んでいただいて、ありがとうございます!
よければクリックおねがいします

関西漢法苞徳之会
7月例会は休会です。8月は17日です。

漢法はりきゅう療法科
7月分ご予約枠は全て満員となりました。臨時枠対応します。

鍼灸師の試験とお仕事♪



ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 来院のみなさま、これから来... | トップ | 不眠(中途覚醒) 奮闘中! »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ウォーターサーバーは富士青龍水! (ウォーターサーバー富士青龍水)
2008-07-16 17:40:27
ウォーターサーバー富士青龍水はバナジウム91μg含有の家計にも体にもやさしい良質の天然水!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アレルギー、花粉症 関連」カテゴリの最新記事