鍼灸師 てっかんの奮闘記 ~師曰 愚按曰 問曰~

師曰、愚按曰、問曰などをつづってます。
関西漢法苞徳之会の情報

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

気候の変化が極端

2008年11月19日 | 季節・運気のことなど
立冬が過ぎ小雪を向かえようとしている

今日、突然の寒波が押し寄せてきました。

寒いです!

患者さんの症状と経脈とを

対比させながら診ているのですが

つい先日までは

肺と小腸の剛柔関係=首肩の症状が多い

小腸と膀胱の太陽経同士=肩や腰・ふくらはぎのこわばりの症状

胃と腎との剛柔関係での温中の目的など

それぞれに適応した経脈とツボを

みながら治療にあたっていました。

今日と言っても、昨日ですが

同じ腎経でも太谿を使っていたのですが

復溜が入ったり

脾経の反応が強かったりと

少しずつではありますが

患者さんによっては身体の変化が診られます。

とはいっても当たり前のことなのですが…

次の季節の反応が出てきているのだと思います。

今までは上からの冷えが中心でしたが

これからは寒さが深まり、下から突き上げるような冷えが

中心となってきます。

病症も逆気して泄(下痢)という腎の病症が多くなってきます。

私も持病の左膝が冷えによって、こわばってしまいますので

慢性疾患や持病を持たれている方は

早くに反応が出てきています。

ちなみに私の膝の痛みは今のところ

宮脇流の奇経治療では衝脈の公孫―内関が効果的で

局所的には、杉山真傳流では圧痛部数か所に細指術を

行うと痛みが軽減します。

何事もやってみることです。


いつも読んでいただいて、ありがとうございます!
訪問された方は是非応援のワンクリックおねがいします!

関西漢法苞徳之会
11月は第5日曜、30日です。お間違えのないように!
基礎科では、杉山真傳流の基本手技の実技を行なっています!

漢法はりきゅう療法科
12月の予約開始!

今日の時間に開いているツボです!
霊亀八法と納甲法です。鍼灸師の方はご参考に!

鍼灸師の試験とお仕事♪
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 長年の便秘が少し改善 | トップ | またまた杉山真傳流のよもやま »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

季節・運気のことなど」カテゴリの最新記事