鉄火丼のつれづれ日記

思ったことをつれづれなるままに…。(テレビ番組の感想が中心)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「貧乏男子(ボンビーメン)」(最終話:「ボンビー最後の対決」)

2008-03-16 01:32:48 | テレビ(ドラマ)
3月11日に放送された「貧乏男子(ボンビーメン)」は、最終回である。
内容は、オムオム(ユースケ・サンタマリア)と一美(小栗 旬)がお互いの全てをかけて最後の対決をする、というものだ。


最後の対決の内容は第1回と同じ、222万枚(111万円分)の茶封筒を次の日の6時までに糊付けする、というものである。(ただし、お金を一切使わない、という条件付き。)

一美はこの対決に挑んだものの、なかなか人が集まらなくて次の日の6時になってしまってオムオムに土下座するよう要求された時は「本当に土下座してしまうのか…!?」と思い、心配でたまらなくなった。
けれどもそんなタイミングで、一美の友人達が続々とやってきたのには驚いた。
「もう少し来るのが早かったら、全部できていたかも…?」とも思った。

それはさておき、本当は裏でテルテル(上地雄輔)も茶封筒を糊付けするのを手伝っていた、とわかった時は、「つるの剛士、野久保直樹、里田まい、スザンヌ、木下優樹菜の5人も連れてきてほしいよ!!」と言いたくなってしまったぞ…!


最終回で、一美は無事に借金を完済できたので、私はほっとしている。

けれどもそれ以上に、どんなに多額の借金を抱えていたとしても、いつも前向きだった一美に自分は元気をもらったように思えてならない。
ラストで一美が内定をもらった会社に入社して、隣の席の人が愚痴をこぼしたところで一美が「会社のために働く、素晴らしいことでしょ!」と励ますシーンが出てきたのだけれど、これを見ていると「私もこういう気持ちでなければ…!」という気持ちにさせられてしまったように思う。

そして、最後になるが、「一美のポジティブな姿勢は自分も見習わなければいけない!」と、私はこのドラマを見終わって感じた。
どんなつらい事があっても、前向きな気持ちを忘れなければ自分も元気になるし、他の人も元気づけてあげられる、というのを再確認できたように思う。
この事を気づかせてくれるチャンスをくれた、「貧乏男子(ボンビーメン)」というドラマに、私は感謝したい。


●関連記事
■過去の回の感想
■他のブロガーの感想
・貧乏男子 ボンビーメン 最終話「ボンビーメン卒業!」(「どらまにあ」より)
・貧乏男子 ボンビーメン 最終話 「ボンビー最後の対決」(「テレビお気楽日記」より)
・貧乏男子 ボンビーメン ☆★ 最終回(「せるふぉん☆こだわりの日記」より)
・貧乏男子 ボンビーメン 第9話(最終話)「ボンビー最後の対決」(「Happy☆Lucky」より)
・小栗旬が山田優をせつなくさせている頃、小日向文世は人格統合、深夜、竹田真恋人は掴んだ手を離さない。(「キッドのブログinココログ」より)
・貧乏男子ボンビーメン 第9話(最終話)(「エリのささやき」より)
・《貧乏男子(ボンビーメン)》☆09(「まぁ、お茶でも」より)
・貧乏男子 ボンビーメン 最終回 感想(「ぐ~たらにっき」より)
・貧乏男子 ボンビーメン 第9話(最終回)金と友人と(「レベル999のマニアな講義」より)
・「貧乏男子ボンビーメン」9話感想(「ice-coffee」より)
・貧乏男子(ボンビーメン) vol.9 ボンビー最後の対決(「美味-BIMI-」より)
・貧乏男子 ボンビーメン vol.9 -最終話-(「ita_wind7の日記」より)
・『貧乏男子ボンビーメン』最終回 評価“うまくまとめて星4つ”(「ハマリもん」より)

・「貧乏男子(ボンビーメン)」(第1話:「ノーと言えない男 ボンビーメン誕生!」)
・「貧乏男子(ボンビーメン)」(第2話:「ボンビー VS. 買い過ぎ女」)
・「貧乏男子(ボンビーメン)」(第3話:「ボンビーメン VS. 結婚できない男」)
・「貧乏男子(ボンビーメン)」(第4話:「ボンビーひと目惚れ!」)
・「貧乏男子(ボンビーメン)」(第5話:「ボンビーどん底!最強母の告白」)
・「貧乏男子(ボンビーメン)」(第6話:「ボンビー借金完済!? 父再会の涙」)
・「貧乏男子(ボンビーメン)」(第7話:「ボンビーピンチ!就職できない」)
・「貧乏男子(ボンビーメン)」(第8話:「ボンビーメン怒る!」)

■出演者に対する雑感
・上地雄輔って…


(A)「一美がオムオムに土下座するかも…?」というタイミングで一美の友達が続々とやってきた時、びっくりした人
(B)「貧乏男子(ボンビーメン)」というドラマを見て、「一美のポジティブな姿勢は自分も見習わなければ…!」と思った人

上の項目(A)・(B)に1つでも当てはまる人は、ココをクリック!

人気blogランキング
ブログランキング「くつろぐ」
週刊ブログ王
ブログランキング「にほんブログ村」

コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「春の全日本かえうた選手権... | トップ | 「クイズ!ヘキサゴンII」(2... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
残りの5人て? (まりりん)
2008-03-16 23:40:37
鉄火丼さん、大変ご無沙汰してます。鉄火丼さんはお元気そうで何よりです。

タイトルにも書いたけど、残りの5人とは?1人はチャギーだってわかるけど、あとが・・・?

>どんなつらい事があっても、前向きな気持ちを忘れなければ自分も元気になるし、他の人も元気づけてあげられる、というのを再確認できたように思う。
なかなか自分自身に置き換えてみると、難しいことではありますよね。でも、ドラマを見てそういう気持ちになれるだけでも、見たかいがあったって思いますよね。

では、また~!
Re:残りの5人て? (鉄火丼)
2008-03-17 01:02:28
まりりんさん、ご無沙汰しております。

「残りの5人」という表現は、客観的に見てかなりわかりにくいものでしたので、修正しました。
ちなみに、「残りの5人」は、「ヘキサゴンII」でいつも笑わせてくれるつるの剛士さん、野久保直樹さん、里田まいさん、スザンヌさん、木下優樹菜さんの事です。
でも、なかなか人が集まらない、という状況でチャぎーも裏で手伝っていたら、また違っていたかもしれませんね。
ほんの少しだけだったとしても…。

>でも、ドラマを見てそういう気持ちになれるだけでも、見たかいがあったって思いますよね。
私も、このドラマを見てハッピーな気持ちになれた上に、一美に元気をもらいましたので、「最後まで見て良かった…!」、「いいドラマだった…!」と感じております。


では、また遊びにいらしてください。
お待ちしております。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

テレビ(ドラマ)」カテゴリの最新記事