鉄火丼のつれづれ日記

思ったことをつれづれなるままに…。(テレビ番組の感想が中心)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「パパとムスメの7日間」(第2話:「パパの初デート」)

2007-07-09 00:42:37 | テレビ(ドラマ)
7月8日に放送された「パパとムスメの7日間」は、恭一郎(舘 ひろし)が健太(加藤成亮)とデートすることになる、というところから話は始まる。


前半は恭一郎(でも外見は小梅。)が健太とデートをするパートだ。
ドラマ本編で恭一郎はヴィスコンティの映画について熱く語っていたり、ファーストフードに行くなり大量に食べていたりしていたけれど、「素の彼女がこんな感じだったらちょっと引いちゃうかも…?」と私は見ていて思った。

けれども、笑わせてくれるところは大いに笑わせてくれたように思う。
映画を見ているシーンの途中に出てきた、小梅(新垣結衣)がお姫様の姿で健太を追いかける妄想をする、というのも良かったが、小梅(でも外見は恭一郎。)がファーストフード店で大声で電話ごしに注意する、というのはすごく良かった。
しかも、周りの客に気付かれてる、となったものだから…。

そして何より、小梅がいろんな所で「あぶない刑事」を思わせる風貌で登場する、というのは自分の中では最高におもしろかった。
こういう小ネタを、次回以降も取り入れてくれるといいかも…、だ。


後半は小梅が休日出勤する、というパートだ。
椎名(今井りか)が女子高生1000人分のアンケート資料を間違って消してしまい、恭一郎がリストラされるかも…、となった時は私も「やばい…。」と思った。

でも、6時以降にデータが続々と集まってきた時はほっとした。
小梅の友達にアンケートをとる、という考えは中身が入れ替わってなかったら絶対に思いつかなかったかもしれない、と考えたこともあってか、「恭一郎と小梅が入れ替わっていい事があったかも…?」と思わせてくれるワンシーンだったと思う。


そして私は、「持つべきものはいい友達なのだろう…。」とも思った。


次回は小梅と(佐田真由美)が食事をしたり、小梅の友達や恭一郎の仕事仲間が家にやってきたりするようだ。
ますます、ストーリーは複雑になっていくようだけれど、次回も笑わせてくれるところはきっちり笑わせてほしいものだ。


●関連記事
■他のブロガーの感想
・パパとムスメの7日間 第2話 「パパの初デート」(「テレビお気楽日記」より)
・「パパとムスメの7日間」小梅だよ。一生のお願い(「バスタイムTV(お風呂テレビでドラマに浸る)」より)
・パパと娘の7日間 第2話「パパのせいで失恋!?ムスメのせいでリストラ!?」(「Happy☆Lucky」より)
・《パパとムスメの7日間》☆#02(「まぁ、お茶でも」より)
・新垣結衣&舘ひろし主演 パパとムスメの7日間 第2話 パパの初デート スタート!(「レジェンド オブ ウルトラマン(*^-^)ゞドラマレジェンド(o`・ω・)ゞ」より)
・パパとムスメの7日間 第2回 感想(「ぐ~たらにっき」より)
・『パパとムスメの7日間』第2話「パパの初デート」メモ(「つれづれなる・・・日記?」より)
・パパとムスメの7日間 第2話 パパのデートとムスメの日曜出勤(「レベル999のマニアな講義」より)
・『パパとムスメの7日間』第2話評価“やっぱりおもろい!星4.5”(「ハマリもん」より)
・日曜劇場『パパとムスメの7日間』第2回(「D.D.のたわごと」より)

■前回までの感想
・「パパとムスメの7日間」(第1話:「パパが私!? 心と体が入れ替わった!」)


「パパとムスメの7日間」の第2話を見て、
(A)「恭一郎(外見は小梅)が健太とデートをするシーンはおもしろかった!」という人
(B)アンケートの結果が集まりだしたとき、ほっとした人
上の項目(A)・(B)に1つでも当てはまる人は、ココをクリック!

人気blogランキング
ブログランキング「くつろぐ」
週刊ブログ王
ブログランキング「にほんブログ村」

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 「ライフ」(第2話:「話題沸... | トップ | 「牛に願いを ~Love & Farm... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今回もおもしろかったですよね。 (まりりん)
2007-07-09 18:59:37
鉄火丼さん、こんばんは!
初回のクオリティが全然落ちてませんでしたよね~

>「素の彼女がこんな感じだったらちょっと引いちゃうかも…?」と私は見ていて思った。
まあ、パパとしてはそれを狙ってやってたわけだから、おんなじように先輩にも感じて欲しかったのに、あの展開。しかしああなると、小梅に戻った時の小梅のことをどう思うのか?が逆に心配にもなったりして。。。(笑)

>こういう小ネタを、次回以降も取り入れてくれるといいかも…、だ。
ほんとですね~。あくまでも軽~~~く入れてたのが良かったですね。

では、また~!
Re:今回もおもしろかったですよね。 (鉄火丼)
2007-07-10 00:42:09
まりりんさん、こんばんは。
私も初回と同じぐらい、「パパとムスメの7日間」を楽しめたと思っております。

パパは健太に小梅のことを「ちょっと引いちゃうかも…。」と思わせようとしていたのに、最後で健太が「また会ってほしい。」と言っていた、となった時はびっくりしましたね。
元に戻った時、健太が小梅のことをどう思うか、というのも見逃せないです。

小梅と健太の恋が成就するといいですね。


そして、次回以降も思わず笑いがこぼれてしまう小ネタ満載でいってほしいです。

では、また!
今期唯一見てるドラマ (マママゴ)
2007-07-11 22:20:31
って、前回も、「私たちの教科書」と「警視庁9係り」だけだったのですが・・。

今回は、ほんまに是だけになってしまいました。

わたしは竹野内豊のファンなので、他の(ッて殆ど彼ーー出てないヤンーー)ドラマ殆ど見てませんーー

このドラマは、面白い。
こういう「入れ替わりもの」というの・・結構好きなんですよ。わたし。

心理療法に「空椅子療法」というのがあって、
椅子を2つ用意し、「自分の椅子」「相手の椅子」と、自分1人で、「自分の椅子」から言ったり、「相手の椅子」から相手に成り代わって言ったりするのです。

実際のドラマのようには、相手に成り代わる事は出来ないのだけど、
架空の「椅子」だけでも、見る位置、座る位置を変えるだけで・・
相手の立場や相手の気持ちを思いやれるようになってくるのです。

不思議でしょう?
このドラマを見てると、その「空椅子療法」を思い出します。

「相手の気持ちや相手の立場」に立ってみる。抱けでも結構人間関係が上手くいくのですよね^^

面白いドラマです。次回も見ます!
空椅子療法! (鉄火丼)
2007-07-11 23:22:28
マママゴさん、こんばんは。

心理療法に「空椅子療法」があるなんて、初耳です。
自分の視点、相手側の視点の両方から物事を見て、相手の気持ちなどを理解するという治療法だそうですが、「パパとムスメの7日間」もそれと同じような事をしているのかな…、と思えてなりません。
ドラマでも少しずつ、恭一郎(パパ)と小梅(娘)がいい感じになってきていますから…。

また、次回も楽しんでいきましょう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

テレビ(ドラマ)」カテゴリの最新記事