鉄火丼のつれづれ日記

思ったことをつれづれなるままに…。(テレビ番組の感想が中心)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「謎解きバトルTORE!」(2012年1月30日O.A.)

2012-02-05 22:38:04 | テレビ(バラエティー)
1月30日に放送された「謎解きバトルTORE!」は、ベッキー率いる福くん大好きチームと上地雄輔チームとの対抗戦であった。

★洞窟の間

今回の「洞窟の間」には、ベッキー、鈴木 福、高橋茂雄(サバンナ)の3名が挑戦した。
けれども残念なことに、ここから生還できた人はいなかった。

とは言うものの、鈴木 福くんが出題された3択問題に次々と正解していった、というのはとても良かったと思う。
最初に出された問題で、ベッキーを奈落の底へと落としてしまったのが残念だったのだけど。

★床の間

「床の間」には、上地雄輔、麻木久仁子、設楽 統(バナナマン)の3人が挑戦した。

今回のチャレンジは、床の間史上初の時間切れという惨憺たる結果に終わってしまった。
最後まで残ってしまった麻木久仁子が奈落の底へと落ちていくのを見ていると、私は「初回放送時の指原莉乃よりもひどいよ…。」と言いたくなってしまった。

指原のように、たった1人残されてしまっても、何とか次の足場に行こうとして奈落の底に落ちてしまう、というのだったらまだ許せる。
しかし、今回の麻木久仁子は1人ぼっちになっても、次の足場へと移ろうともしなかったので、情けないとしか言いようがない。

せめて、時間切れになる前に、勇気を出して次の足場へと行く姿勢を見せてほしかった…。

★崖の間

福くん大好きチームからはベッキー、鈴木 福、岡本 玲、八木真澄(サバンナ)の4名が、上地雄輔チームからは上地雄輔、麻木久仁子、日村勇紀(バナナマン)の3名が今回の「崖の間」でのバトルに参戦した。

今回の「崖の間」でのバトルで生き残ったのはベッキーと鈴木 福くんの2人だけだったのだけれど、何より、今回もベッキーが生還できたので良かったと思っている。
鈴木 福くんが「同じ文字入れQ」で苦戦していたのを見ていると、さすがに「終わったか…。」と思ったのだけれど。

一方、上地雄輔は「写真&文字並べ替えQ」の段階で落下してしまった。
彼が正解を出せずにいるのを見ていると、まるで「ヘキサゴン」を見ているようだったぞ…!


次回(2月6日放送)は福澤 朗、具志堅用高、成宮寛貴が「崖の間」での戦いに挑むそうだ。
どんなバトルが繰り広げられるのか、とても楽しみである。

そして、新ステージ「ミイラの間」が登場する、との事である。
記念すべき最初の挑戦者は誰になるのか、どんなステージなのか、早く見たい。
おそらく、「脱出ゲームDERO!」の「砂の間」のようなステージだと思うのだけれど…。


「謎解きバトルTORE!」(2012年1月30日O.A.)の…、
(A)「洞窟の間」で福くんが3択問題に次々正解していったのを見ていて、見事だと思った人
(B)「床の間」で時間切れになってしまった時、「麻木久仁子は次の足場へと何とか行こうとしてほしかった…。」と思った人
(C)「崖の間」でのバトルに参戦したベッキーが今回も生き残ったので良かった、と思った人
(D)「崖の間」で、早々と上地雄輔が奈落の底へと落下してしまったのを見て、まるで「ヘキサゴン」を見ているようだった、と思った人

上の項目(A)~(D)に1つでも当てはまる人は、ココをクリック!

人気blogランキング
ブログランキング「くつろぐ」
週刊ブログ王
ブログランキング「にほんブログ村」

コメント   この記事についてブログを書く
« 第88回箱根駅伝(復路) | トップ | 「謎解きバトルTORE!」(2012... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

テレビ(バラエティー)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事