競馬予想理論「TEKIKAKU」

数多ある競馬予想のファクターから「距離コース適性」と「格」を最重視し、適性の高い馬を狙っていく予想理論で戦います。

2019秋華賞好走馬未来診断

2019-10-17 20:18:55 | 未来診断
今年の定義該当馬
クロノジェネシス
カレンブーケドール
シゲルピンクダイヤ
シャドウディーヴァ
ビーチサンバ

※データは09~18年定義好走馬=48頭
※約2年後まで
※データ数=レース3、コース2以上
※JRAレースのみ

☆主な出世馬
ブエナビスタ(G1天皇賞秋、G1ヴィクトリアマイル、G2京都記念)
ジェンティルドンナ(G1ジャパンカップ連覇、G1天皇賞秋2年連続2着)
ショウナンパンドラ(G1ジャパンカップ、G2オールカマー、G1宝塚記念3着)
リスグラシュー(G1宝塚記念、G1エリザベス女王杯、G3東京新聞杯)
アーモンドアイ(G1ジャパンカップ、G1安田記念3着)
ヴィルシーナ(G1ヴィクトリアマイル連覇、G1エリザベス女王杯2着、G1宝塚記念3着)
クイーンズリング(G1エリザベス女王杯、G2府中牝馬S、G3京都牝馬S)
ホエールキャプチャ(G1ヴィクトリアマイル、G2府中牝馬S)
ミッキークイーン(G2阪神牝馬S、G1ヴィクトリアマイル2着、G1宝塚記念3着)
ヌーヴォレコルト(G2中山記念、G1エリザベス女王杯2年連続2着、G2オールカマー2着)

☆重賞複勝圏馬率(定義期間内)
30/48頭(62.5%)

☆重賞馬率(定義期間内)
18/48頭(37.5%)



この記事についてブログを書く
« 2019アイルランドトロフィー... | トップ | 2019ブラジルカップ【レース... »
最近の画像もっと見る

未来診断」カテゴリの最新記事