競馬予想理論「TEKIKAKU」

数多ある競馬予想のファクターから「距離コース適性」と「格」を最重視し、適性の高い馬を狙っていく予想理論で戦います。

2019ファンタジーステークス TEKIKAKU予想

2019-11-01 22:27:36 | 京都予想






◎ケープコッド
○マジックキャッスル
▲ラヴォアドゥース
☆クリアサウンド
△ペコリーノロマーノ

ケープコッドは、

L格函館芝1200の2戦が適性値80と抜けて高い。

新馬未勝利函館材料からの出走例はそれほど多くはないが、

メジェルダ、ホエールキャプチャ、アイムユアーズなど、直近10年で6頭も通用馬を輩出している。

前走北海道戦経由の馬とも相性がよく、前走札幌函館の1200戦連対馬に限ると、

複勝率62.5%で3出走機会連続好走中になる。

距離延長局面で、直線短い小回りゆえ、前半がかなり速い流れの臨戦馬なので、

イメージとしては距離延長不安を抱きやすい臨戦だし、実際人気物色は実績に比べ弱く、

そういう臨戦で60%以上になるのは、極めて特別な数字と見ていいだろう。

格材料を伴う先行馬なら。

マジックキャッスル、ラヴォアドゥース、クリアサウンドは、適性値が30以上になるマイル材料持ちで相手候補。

複勝◎
馬連◎→○▲☆△
ワイド◎→○▲☆△

この記事についてブログを書く
« 2019京王杯2歳ステークス TE... | トップ | 2019ファンタジーステークス結果 »
最新の画像もっと見る

京都予想」カテゴリの最新記事