競馬予想理論「TEKIKAKU」

数多ある競馬予想のファクターから「距離コース適性」と「格」を最重視し、適性の高い馬を狙っていく予想理論で戦います。

2019有馬記念好走馬未来診断

2019-12-24 22:42:19 | 未来診断
今年の定義該当馬
リスグラシュー(引退)

※0.8秒差圧勝の為、該当馬1頭のみです

※データは09~18年定義好走馬=43頭
※約2年後まで
※データ数=レース3、コース2以上
※JRAレースのみ

☆主な出世馬
キタサンブラック(G1ジャパンカップ、G1有馬記念、G1天皇賞春秋制覇、G1大阪杯)
ブエナビスタ(G1ジャパンカップ、G1天皇賞秋、G1ヴィクトリアマイル)
ゴールドシップ(G1宝塚記念連覇、G1天皇賞春、G2阪神大賞典3連覇)
オルフェーヴル(G1有馬記念、G1宝塚記念、G2産経大阪杯)
トゥザグローリー(G2日経賞※阪神芝2400外、G2京都記念、G2日経新春杯)
ゴールドアクター(G2日経賞、G2オールカマー、G1宝塚記念2着)
エイシンフラッシュ(G1天皇賞秋、G2毎日王冠、G2産経大阪杯3着)
サトノダイヤモンド(G2阪神大賞典、G2京都大賞典、G1天皇賞春3着)
サウンズオブアース(G1ジャパンカップ2着、G2日経賞2着)
シュヴァルグラン(G1天皇賞春2着、G1有馬記念3着)

☆重賞複勝圏馬率(定義期間内)
23/43頭(53.4%)

☆重賞馬率(定義期間内)
17/43頭(39.5%)


☆オススメするレース選択
大阪杯
宝塚記念
ジャパンカップ
阪神大賞典
京都記念
札幌記念

☆オススメしないレース選択
中山記念
オールカマー

この記事についてブログを書く
« 2019ギャラクシーステークス結果 | トップ | 2019阪神カップ好走馬未来診断 »
最新の画像もっと見る

未来診断」カテゴリの最新記事