競馬予想理論「TEKIKAKU」

数多ある競馬予想のファクターから「距離コース適性」と「格」を最重視し、適性の高い馬を狙っていく予想理論で戦います。

2019エリザベス女王杯 TEKIKAKU予想

2019-11-09 23:10:22 | 京都予想










◎ラッキーライラック
○クロノジェネシス
▲サラキア
☆クロコスミア
△シャドウディーヴァ
×ゴージャスランチ

ラッキーライラックは、

桜花賞や阪神JFなど、H格阪神芝1600外好走歴が数値46で適性上位値になる。

昨年リスグラシュー(1着)を本命にしているが、その時の根拠と同じ。扱われ方も似ており、

リスグラシューは当時、2200M超戦に好走が無かったのでマイラーとか言われていたが、

ラッキーライラックも2000M以上戦に連対が無いので、距離不安が囁かれている。

こうした、目に見える距離実績だけで距離適性を推し量る考え方は、TEKIKAKU理論では絶対やってはいけないことであり、

こういう考え方で予想をすると、アエロリット(○印)は距離不安により、天皇賞秋で重い印は打てなくなる。

当年のラッキーライラックの評価推移は、

中山記念→◎印→2着
阪神牝馬S→×印→8着
ヴィクトリアM→○印→4着
府中牝馬S→△印→3着

この4戦の中で、阪神芝1600外材料の要求が高かったのは、中山記念だけ。

3歳時に威力を発揮した阪神G1材料は、4歳になると、適性材料というよりは、格材料に変質してくるので、

3歳時ほど人気よりも走りづらくなってくる。

そして、エリザベス女王杯は、レース別相性チェックで示したように、

桜花賞材料や阪神JF材料が再び高数値として要求されてくるG1となる。

そのカラクリは、桜花賞や阪神JFは、マイルG1ではあるが、世代戦のマイルG1である事が最大要因となる。

今年のヴィクトリアマイルは、スペシャリスト戦の様相が色濃く出た高速時計のラップで、緩み無く淀みない流れのG1。

世代戦のマイルG1、特に阪神マイルG1は、中盤が緩むゆえ、距離が伸びてから威光を示すもので、

今回の舞台は、ヴィクトリアマイルよりは走りやすいだろう。

府中牝馬Sも、例年に比べ淀みなく流れた高速戦だったので、終い甘くなって3着に屈したが、

テン争いが起こりづらく、3コーナーまで緩みやすい京都2200外替わりは、内枠好位で脚をためたい同馬にはプラスに働くだろう。

クロノジェネシスは、

2歳時からG1で活躍しているG1皆勤馬なので、阪神マイルG1以外にも、秋華賞やオークスなど、数値が高いG1材料を持っている。

しかも、秋2戦目と余力が推測できる、抜かりの無い戦績にも見える。強いて不安点を挙げるなら、

1着最高格は適性値38の秋華賞材料で、その秋華賞材料は、後半よりも前半が速い内回りの前傾戦だったので、

秋華賞がベストパフォーマンスだとするなら、折り合い力が重視される外回り戦への距離延長は、本質的には好まない臨戦である点になるだろう。

サラキアは、

3歳時の秋華賞、ローズS好走歴の数値が30台。

今年は、マイル重賞への挑戦は結果が出ず、ドスローのエプソムCや、物理的に後ろからだと届かないオクトーバーSで好走した。

忙しい流れで思ったほど活躍できなかった印象。

ディープインパクト×母父ニジンスキー系の馬は、フィエールマンやダノンシャークなど、京都芝外回りG1で結果を出す馬が目立つので、

スローの上がり勝負が見込める今回の舞台は、今年の戦績を考慮すると合いそう。

クロコスミアは、

2年連続当レースで穴をあけているエリ女のリピーターで、3年連続で来るかどうかという局面。

エリザベス女王杯好走歴の適性値は22と可もなく不可もなくな数値も、阪神牝馬S5着歴でギリギリ戦績の上積みが果たされたとみなせる。

戸崎騎手の負傷交代は痛いが、前走は先行馬が飲み込まれた流れの敗退だったので、巻き返す余地はありそう。

シャドウディーヴァは、

オークス(6着)の本命馬で、前走秋華賞4着歴により、ボーダーラインの適性値まであげてきた。

関東馬なので戦績だけでは見えづらいが、レースぶりを見ると反応が鈍そうな所もあり、

淀の坂を使った京都の外回り戦は、未経験な分、合う可能性はある。

ゴージャスランチは、

3歳時のローズS好走歴の数値が適性値30を超えてくる。

準OPを勝ったばかりではあるが、エリ女は、G1の中で最も前走格要求が弱いG1なので、こういう臨戦馬も警戒が必要。

また、数値には現れていないが、新潟芝2200条件戦勝ち好走歴は、関東圏ローカル材料でありながら、菊花賞で大穴が多い材料なので、

同じ京都外回りG1だし、応用で考えると、一発あってもおかしくない。先行馬の穴なら一考。

複勝◎
馬連◎→○▲☆△×
ワイド◎→○▲☆△×
3連複◎→○▲☆△×
単勝◎

この記事についてブログを書く
« 2019福島記念 TEKIKAKU予想 | トップ | 2019福島2歳ステークス TEKI... »
最新の画像もっと見る

京都予想」カテゴリの最新記事