競馬予想理論「TEKIKAKU」

数多ある競馬予想のファクターから「距離コース適性」と「格」を最重視し、適性の高い馬を狙っていく予想理論で戦います。

2019福島民友カップ TEKIKAKU予想

2019-11-17 10:47:54 | 福島予想
※適性値は非公開









極端な前傾戦で、最後の3F区間が最も遅くなるバテバテのレース。

小回り戦ではあるが、2000M以上戦のコースに上位数値がチラホラ見られる。

◎コスモカナディアン
○ジョーダンキング
▲ローズプリンスダム
☆ショーム
△マイネルクラース

コスモカナディアンは、

昨年の2番人気3着馬だが、今年は11番人気付近で、前年からの大幅な人気節目割り。

前走こそ崩れたが、それまでは超安定な戦績を積み重ねており、

適性値が60あるH格東京ダ2100を直近で複数獲得している。

2000M以上戦に好成績が目立つが、福島ダ1700は得意にしており、

しぶとく食らいつく競馬が身上で、簡単にバテない同馬のような馬は、

このレースは合う。叩き2戦目なら。

ジョーダンキングは、

A格数値ながら、阪神ダ2000材料の数値が高い。長丁場に実績がありながら、

名鉄杯では速い流れを追いかけて連対しているように、

極端な前傾ラップのローカル替わりでも走りそうなイメージはわきやすい。

鮫島克駿騎手は若手ながら理論Aクラス騎手なので、乗り替わりは馬券妙味。

複勝◎
馬連BOX◎○▲☆△
ワイドBOX◎○▲☆△
単勝◎

この記事についてブログを書く
« 2019霜月ステークス TEKIKAKU... | トップ | 2019霜月ステークス結果(複勝... »
最近の画像もっと見る

福島予想」カテゴリの最新記事