競馬予想理論「TEKIKAKU」

数多ある競馬予想のファクターから「距離コース適性」と「格」を最重視し、適性の高い馬を狙っていく予想理論で戦います。

2019霜月ステークス TEKIKAKU予想

2019-11-17 09:47:51 | 東京予想










オッズは1番人気馬に買いが集中しているが、過去の傾向は大荒れの年が複数あり、

難解なOP特別。買い方が難しい。

◎ミッキーワイルド
○タマモカトレア
▲ドリームキラリ
☆スマートダンディー
△プロトコル
×ベストマッチョ

ミッキーワイルドは、

L格京都ダ1400好走歴の数値が34。阪神芝1400好走歴がA格数値ながら40で、

ダート戦に転戦後は複勝圏を外したことがなく、前走もプロキオンS連対確保。

休み明けではあるが、左回りを中心にしながら底を見せておらず、ここから入らざるを得ない。

ただ、数値的には大きな差はない。

タマモカトレアも、

L格京都ダ1400好走歴の数値が34と高い。

東京戦なので、H格は同距離コースの数値が高くなるが、このレースに関しては下のクラスは関西圏材料のほうが数値が高くなるので、

勢いのある昇級組は、関西圏コースを勝ち上がった馬を拾いたい。

プロトコルは、

昨年の大穴馬だが、近走不振で人気物色が全く入らない。

H格同距離材料の数値が高いレースなので、コース替わりの局面で江田照への乗り替わりなら一発期待したい。

複勝◎
馬連◎→○▲☆△
3連複◎→○▲☆△×

この記事についてブログを書く
« 2019マイルチャンピオンシッ... | トップ | 2019福島民友カップ TEKIKAKU... »
最近の画像もっと見る

東京予想」カテゴリの最新記事