空野雑報

ソマリア中心のアフリカニュース翻訳・紹介がメイン(だった)。南アジア関係ニュースも時折。なお青字は引用。

マリ事情:イスラミストがなんか南下の試みしてるっぽい

2013-01-08 17:55:52 | Newsメモ
 マリ軍(南部,政府勢力)とIslamist勢力(概ね北部を制圧)とが,言及に値する規模の衝突をした由:

BBC Mali army 'fire on Islamists' in response to incursion 7 January 2013 Last updated at 22:26 GMT

 これは去年4月,Islamist及びTuareg勢力が北部を制圧して以来,最初のこと。どうもIslamist勢力が南部に進攻しようとしたものという。この報道の時点では,双方の損害の程度は不明。マリ軍側はIslamist勢力かのGnimignama村(軍側から30kmほどの位置)に砲撃を行ったという。

「Jihadist分子」は,すでに西はモーリタニア国境付近から東のDouentza地域(東のモプティ州[日本語版Wpedia]の一領域)に至るまで前線を形成し,数か所に展開しているという。

 マリ政府筋によれば,1月10日には隣国ブルキナファソで交渉を行う予定。
 とはいえ,これもEcowasが3,300人で介入するぞと言ったのを,国連が認めてからなされることになったわけではある。介入は2013年9月に予定されている。

 さて,

Political Analysis South Africa The likelihood of a peaceful solution in Mali 7 January 2013

 によれば,Ansar Dineは和平交渉から脱退するそうな。
 上掲記事下方には,具体的な数字が並んでいるので参照すると面白い。この不安定な状況は,マリの経済に多大な影響を及ぼす(まあそりゃあそうだ)―1.5%縮小させるだろうし,国際線エア・マリは運航を停止したし,主たる収入源の一つ観光は壊滅的になったわけだし,バマコでは20%の工場が閉じちゃった。なお地方的にせよ失業率は17.3%。

 …いくらなんでも,かなーり「詰み」的状況。

 で,もしこの不安定状況が続けば,勿論マリの経済も政治ももっとイっちゃうよね!というわけだ。諸国連合軍の介入は2013年9月までない,とくれば,まあこの期間に諸勢力は目的を達してしまうかもしれない(暫定大統領Dioncounda Traoreは”そんな長く待てません!”と悲痛なコメント)。

 さらには,勿論,これはマリにとどまる課題ではないわけで。NigerもNigeriaも,Islamistの圧迫を受けつつあるじゃあないか,というわけだ。

 さらには,こうした介入軍の行動は厳しく規制されているが,Islamistは自由自在であって―素早い行動が必要だろうが,ああ困ったな,という感じだったり。

コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« Selekaはひと押し | トップ | ケニア怒りの象密猟者追跡 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Newsメモ」カテゴリの最新記事

トラックバック

[アフリカ][仏国]マリをフランス軍が空爆しました。 (navi-area26-10の国際ニュース斜め読み)
まぁアフリカ情勢の情報は日本語では手に入りにくいと知りつつ書くという。 仏軍、マリで空爆 暫定政府、全土に非常事態宣言(産経新聞) 2013.1.12 09:06  フランスのファビウス外相は11日、暫定政府とイスラム過激派の戦闘が激化している西アフリカのマリで、過激派...