京都で定年後生活

2013年3月60歳で定年退職。

美術館と庭園めぐり、京都の四季の行事と花を綴ります。

リンドウ、晒菜升麻、ミカエリソウ、ノコンギク、松村草、山白菊、ハマアザミ

2020-10-24 17:31:33 | 2020 花


 植物園の秋の花です。

リンドウ(竜胆)









晒菜升麻(サラシナショウマ)満開
キンポウゲ科サラシナショウマ属の多年草植物。
背丈は40-150 cmで葉は互生して長い枝に多数の白い花を付ける。

























ミカエリソウ(見返草)









ノコンギク






松村草





ヤマシロギク(山白菊) 別名 田舎菊





ノダケ





ハマアザミ(浜薊)
温帯の海岸に生育するキク科アザミ属の多年草。
根を食用にすることから、別名ハマゴボウ(浜牛蒡)とも呼ばれる。









サイインヒキオコシ





カメバヒキオコシ





ムラサキマユミ




コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2020紅葉情報 くろ谷 金戒光... | トップ | 京町屋 北区(1)荒木邸、梅... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿