京都で定年後生活

2013年3月60歳で定年退職。

美術館と庭園めぐり、京都の四季の行事と花を綴ります。

花見小路周辺私道での撮影禁止

2019-10-26 22:16:55 | 京都めぐり


祇園花見小路周辺 私道での撮影禁止 10月25日より

祇園の花見小路通周辺は、石畳の道にお茶屋や料亭が並ぶ、風情ある町並みが観光客の人気を集めています。
しかし、5年ほど前から私有地に無断で立ち入ったり、写真撮影のために芸舞妓を追いかけ、裾を引っ張ったりするなどのマナー違反が目立つようになりました。
祇園の情緒を大切にしたまちづくりを行ってきた地元の協議会は、市に対策を求める要望書の提出や、マナーを守るよう呼びかける立て札の設置、地域の人で集まってチラシ配りなどを行ってきました。
ところが、一向に改善されず、やむを得ず10月25日から花見小路通周辺の私道での写真撮影の原則禁止に踏み切りました。
ただし、花見小路通は公道のため、引き続き写真撮影はできます。
協議会は「本来なら、撮影禁止にしたくなかったが、状況が深刻でやむをえない。今後どうなるか見守っていきたい」としています。
従来マナーを守るよう呼びかけていた立て札を、撮影禁止を呼びかける立て札に付け替えました。
また無断で芸舞妓の写真を撮影しないように呼びかけるリーフレットなどを渡し、観光客にマナーを守るよう声をかけ、写真撮影が禁止になった私道で、許可なく撮影した場合、1万円の支払いを求めていくということです。
祇園町南側地区協議会の高安美三子会長は、「立て札などで観光客にマナーを訴えかけても、いたちごっこになっただけだったので、祇園の情緒を守るために撮影禁止に踏み切りました。観光の町ではないことを理解してもらい、マナーを守ってほしい」と話していました。

この1.2年、残念ですがここだけでなく、撮影禁止の看板や表示が多くなりました。
京都だけでなく、世界のあちこちでオーバーツーリズム(観光公害)が問題になっているようです。
オーストラリアの巨大な一枚岩エアーズロック(ウルル)も今日26日から登山禁止になりました。









コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 京町屋中京(30)笹*家、山... | トップ | 昨日の時代祭 絢爛豪華、生... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
祇園花見小路 (とく子)
2019-10-28 04:00:57
今やあそこはもう観光地になりました。すみませんが、私はちよっと意見が違います。四条通りから南は自動車乗り入れ禁止し、歩行者天国のようにしたらいいと思っています。ほとんどの観光客は料亭には入らないと思いますから。

花見小路に行けば舞妓がいることはもう知れ渡ったいます。今更否定しても無理です。結構舞妓も芸者も堂々と見せびらかすように通りを歩いていますよ。ある程度は覚悟してるんでしょ。撮られたくなかったらお茶屋から裏道を通ればいいと思います。裏道はあります。大通りを歩くから、観光客もつい写真を撮ろうとしますよ。今どきはスマホで簡単に綺麗に撮れますからね。いくら立て看板をしてもなくならないと思います。

私はむしろ諸外国の人にジャンジャン撮って下さいと言うほうです。お気を悪くされたらすいません。 
とく子さまへ (京都で定年後生活)
2019-10-29 15:29:07
こんにちは
返事が遅れ申し訳ありません。
確かにそういうお考えをもっておられる方もおられます。私の知っている人も同意見でした。
もう少しオープンに議論したら良いようにも思います。
ありがとうございます。

コメントを投稿

京都めぐり」カテゴリの最新記事