京都で定年後生活

2013年3月60歳で定年退職。

美術館と庭園めぐり、京都の四季の行事と花を綴ります。

若冲展『没後220年京都の若冲とゆかりの寺 -いのちの輝き』

2020-01-19 05:43:33 | 美術・博物館



高島屋京都で『没後220年 京都の若冲とゆかりの寺 -いのちの輝き』が開催中(~1/20)です。
若冲が生涯を過ごした「京都」に伝わる名品の数々を、若冲と深いかかわりを持つ名刹や若冲蒐集で知られる細見美術館等の所蔵品が展示されています。 併せて若冲派と呼ばれる弟子たちの作品もあります。
若冲作品 47作品 
銀閣寺、金閣寺、大光明寺、相国寺、宝蔵寺、萬福寺、壬生寺、天真院、平木浮世絵財団、細見美術館




会場でもらったパンフ





《上記作品》「竹虎図」■鹿苑寺蔵 「鯉図」■慈照寺蔵
「鶏図押絵貼屏風」「雪中雄鶏図」「仔犬に箒図」「鼠婚礼図」「虻に双鶏図」 ■細見美術館蔵
以上 伊藤若冲筆 「蟹図」処冲筆■宝蔵寺蔵 ※いずれも(部分)





1階フロア展示









京都の後の巡回
・大阪高島屋
会期:2020年2月21日(金)~3月8日(日)

・日本橋高島屋S.C.本館
会期:2020年3月18日(水)~4月6日(月)

・横浜高島屋
会期:2020年4月22日(水)~5月11日(月)










コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 京町屋下京(8)大*家、黒田... | トップ | カワセミ »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
若冲展 いのちの輝き (birugo)
2020-01-19 13:31:23
こんにちは
いつもアップして頂いているかわいい美しいカワセミと若冲のカワセミの絵、蟹図など小さな生き物も描かれていて
ほのぼのします。
沢蟹ですが雨の降った次の日参道で見かけて、あのハサミに苔みたいなものをシッカリ持って横向き移動してるので、
思わず見てしまったら、パッと離して、その場を離れ私がいなくなったらまた戻ってきてまたハサミにそれを抱いて去って行きました。(^^;
ありがとうございます。
birugoさまへ (京都で定年後生活)
2020-01-19 22:12:02
こんばんは
沢蟹ですか。よく見かけられました。
なかなか見る機会はなくなってしまいました。
若冲展は相変わらずの人気でした。京都錦出身ということで、人気もあるのでしょうね。
ありがとうございます。

コメントを投稿