京都で定年後生活

2013年3月60歳で定年退職。

美術館と庭園めぐり、京都の四季の行事と花を綴ります。

夏の風物詩 朝顔

2020-08-07 16:53:32 | 2020 花


 植物園の朝顔です。
暑い日が続いていますが、朝顔はラジオ体操とならんで真夏の風物詩です。
例年は早朝7時から開園ですが、今年はコロナ感染拡大で朝顔展としては開催せず、通常時間帯で一部だけ展示されています。

 朝顔は奈良時代末に遣唐使が薬用(下剤)として種子を持ち帰りました。
それから観賞用に栽培され、日本独特の園芸植物になったのは江戸時代です。
最も流行したのは文化文政(1804ー29)朝顔の書物も多数出ています。
次の黄金期は幕末寛永安政(1848ー60)で江戸、京都、大阪で盛んに栽培され、変化朝顔の改良もすすみ、明治20年(1889)を過ぎると大輪朝顔が生まれます。
 今日は大輪朝顔全盛です。大輪朝顔の大きさは15cm前後あり、見ごたえ抜群です。

 大輪朝顔いろいろ




























































































































コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 竹林の道から清涼寺まで | トップ | コロナ禍の「六道まいり」「... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
入谷の朝顔市 (ダンキチ)
2020-08-07 21:50:46
感染防止のために7月7日の入谷鬼子母神の朝顔市は中止でした。業者さんからの勧誘電話をいただき、人助けと10鉢仕入れました。矢車という品種を仕入れました。東日本震災の年も中止でした…10年に1回は中止になりますね。
ダンキチさまへ (京都で定年後生活)
2020-08-08 11:31:39
こんにちは
今年はコロナで人が集まるイベントの多くは中止になっているようです。
京都も25日東寺の弘法市、25日北野天満宮の天神市もそうです。また神社や寺院でかされる手づくり市も中止続きです。
皆さん大変なようです。
ありがとうございます。

コメントを投稿