京都で定年後生活

2013年3月60歳で定年退職。主夫見習い中。
美術館と庭園めぐり、京都の四季の行事と花を綴ります。

日本人が最初に見たアサガオ、車咲き系、釆咲き系、大輪朝顔

2019-08-17 11:30:43 | 2019 花


お盆前に撮影した朝顔です。

北京天壇
日本に中国から薬剤(下剤)として渡来したのは1200年前の奈良時代です。
アサガオ牽牛、種子を牽牛子と呼ばれていました。
この天壇アサガオは木原均氏が昭和13年(1938)に北京郊外の天壇公園で採集したもので、奈良時代に渡来したアサガオに近い姿形をしているとされています。
日本人が最初に見たアサガオではと言われています。





車咲き系














釆咲き系










ゆかり






彩光錦





早瀬





夢の浮橋





阿由知





清滝川





永寿楽





渓流





天下一





紅衣





渓流の調





花一番





万博藤霞





赤峰





松月





宝幸白大臣





瑞光





平安の雲





紫赤





蛍狩





一真





紫時雨





秋の幸





紫の上









コメント   この記事についてブログを書く
« 五山の送り火 | トップ | 京町屋 上京(10)瀬川邸、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2019 花」カテゴリの最新記事