京都で定年後生活

2013年3月60歳で定年退職。

美術館と庭園めぐり、京都の四季の行事と花を綴ります。

時代祭中止 平安神宮

2020-10-22 17:28:04 | 京都めぐり


 本来なら今日は京都三大祭りの一つ「時代祭」でしたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、平安から明治維新までの歴史上の人物に扮した約2千人が秋の都大路を練り歩く行列は中止になりました。
 神事だけが平安神宮で執り行われました。
今年の京都三大祭りは新型コロナの影響で、5月の葵祭、7月の祇園祭の山鉾巡行も中止となり、残念な年になりました。
 南禅寺と美術館の帰り道、晴天に恵まれたので平安神宮に寄りました。






疏水













京都国立近代美術館





平安神宮

















大極殿に祭神の乗り物「鳳輦(ほうれん)」が飾られていました。
撮影禁止エリアで撮影できませんでした。









来年は三大祭が開催されますように。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2020紅葉情報 永観堂

2020-10-22 06:49:02 | 2020紅葉


 11月の京都は紅葉シーズンで、例年最も観光客が増える時期です。
今年は新型コロナで、3密を避け、マスク着用、手指アルコール消毒など感染対策が求められています。
 特に人出が多くなる永観堂、東福寺、天龍寺などは屋内外を問わず、密を避ける必要があります。
 また例年と違う拝観条件のところもありますので注意が必要です。
一乗寺の圓光寺は11月15日~12月10日の期間は要予約です。
 南禅寺 天授庵はライトアップが中止となります
 無鄰菴は現在もそうですが、事前予約制です。
 鷹ヶ峯源光庵は庫裏改修で長期休止中です。拝観再開は2021年秋頃になるようです。
 大徳寺高桐院はコロナ感染拡大で現在も拝観休止中です


 永観堂は古来より「もみじの永観堂」とうたわれる京都屈指の名所です。
11月に入ると放生池周りから色づきはじめ、中旬過ぎから約3000本が境内全体で美しくなります。
寺宝展及び夜間ライトアップは、11月7日から12月6日(期間中は1,000円)です。
例年期間中は境内中が非常に混雑します。今年は密に注意が必要です。

現在の状況

















池周りは色づきはじめているようです。

































コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加