京都で定年後生活

2013年3月60歳で定年退職。

美術館と庭園めぐり、京都の四季の行事と花を綴ります。

秋の花 梅鉢草、竜胆、松村草、関屋の秋丁字、秋の麒麟草、着せ綿、蔓蕎麦 、貴船菊、臭木、野薊、紫真弓、晒菜升麻

2019-11-01 20:27:32 | 2019 花


秋の山野草です。

梅鉢草(ウメバチソウ)
花が梅の花を思わせる。北海道から九州に分布。





竜胆(リンドウ)









松村草
石垣島、西表島分布。環境省レッドデータ絶滅危惧種










関屋の秋丁字(セキヤノアキチョウジ)





秋の麒麟草(アキノキリンソウ)
キク科アキノキリンソウ属の多年草。
北海道から九州、朝鮮に分布。山地などの日当たりのよい場所に生える。
かつては里山に囲まれた水田の周辺、ため池の土手などにごく普通に見られた秋草の代表であり、リンドウ等と共に小学校の教科書や絵本などでよく紹介された。









着せ綿(キセワタ)
北海道から九州分布
京都府カテゴリー絶滅寸前種、環境省カテゴリー絶滅危惧Ⅱ類(VU)
2002年版レッドデータブックでは準絶滅危惧種としたが、従来知られていた産地のものはすべて絶滅し、まったく確認できない。
すでに野生のものは絶滅している可能性がある。









蔓蕎麦(ツルソバ)
タデ科イヌタデ属に分類されるつる性の多年草の1種。
和名のソバは、果実がソバと同じように黒色の3稜形であることに由来。
本州、伊豆半島、紀伊半島、四国、九州、沖縄に分布





貴船菊
貴船特産の秋明菊





サイインヒキオコシ
北陸西部、山陰、九州北部に分布





臭木(クサギ)
日当たりのよい原野などによく見られるシソ科の落葉小高木。
葉に悪臭がある事からこの名がある。





野薊(ノアザミ)





紫真弓(ムラサキマユミ)
新潟から鳥取の日本海側に分布。





晒菜升麻(サラシナショウマ)
「サラシナ」は若菜を茹で水にさらして山菜として食したことに由来。別名「ヤマショウマ」。














屋久島大文字草









大文字草





杜鵑草(ホトトギス)









山白菊(ヤマシロギク)
別名イナカギク。





三又





石蕗(ツワブキ)
キク科ツワブキ属に属する常緑多年草。葉柄は食用になる。





実葛(サネカズラ)






コメント

金戒光明寺(黒谷)紅葉色づきはじめ

2019-11-01 12:42:57 | 2019紅葉


金戒光明寺(黒谷)です。

高麗門





山門と一部紅葉


















石段










御影堂





大方丈



















文殊塔
























山茶花





境内一周しました。





昨年関西を直撃した台風で被害を受けた塔頭の屋根補修が今行われています。





「そうだ京都、行こう」2019秋
三門前、撮影は紅葉後半の散り紅葉ですね。








コメント (4)

岡崎疏水紅葉色づき、平安神宮前で餃子フェス

2019-11-01 05:32:51 | 2019紅葉


昨日は岡崎疏水、美術館めぐり、平安神宮方面の散策です。

岡崎 平安神宮大鳥居






疏水 近代美術館
















図書館前広葉樹が紅葉、落葉しています。





平安神宮前広場では「餃子フェス(10/31ー11/4)」が行われていました。
耳慣れないイベントだったので、寄って見ました。









各地の餃子有名店が出ているようです。









浅草開花楼には長い行列ができていました。










こちらは宇都宮餃子です。















平安神宮














近くでは世界のワイン無料試飲会が行われています。










皆さんワイン片手に餃子です。










知恩院





知恩院前に駐車場に入れない観光バスが長い列をつくって路上駐車したのには驚きました。















コメント (2)