a letter from Brecht Raum TEE-BLOG

東京演劇アンサンブルの制作者が、見る、聞く、感じたことを書いています。その他、旅公演や、東京公演情報、稽古場情報など。

第10回 戯曲を読む会のご案内

2019-04-23 21:21:49 | 芝居小屋企画

東京演劇アンサンブルでは、昨年から月一回を目処に、「戯曲を読む会」を開催しています。

劇団員若手の提案による、いろんな戯曲を皆で声に出して読んでみようという会です。

ワークショップという形式ではないので、どなたでも気軽に参加出来ます。

第10回は坂手洋二さんの「天皇と接吻」を読みます。

坂手洋二さんと東京演劇アンサンブルは過去
2012年「荷」脚本・演出
2015年「沖縄ミルクプラントの最后」作
で関わらせて頂きました。

5月1日に新天皇即位、新元号への変更と、これ以上ないテーマ、作品です。


戯曲に興味がある方、作品について話し合ってみたい方、「講座に行くほどではないけど演劇ってやってみたい・・・」と思っている方等、お気軽にご参加下さい!

日時 5月4日(土) 18時30分~21時30分 
場所 ブレヒトの芝居小屋
参加費 500円(会場費等)

参加希望の方は2日前までに03-3920-5232、もしくはteeyomukai@gmail.comご連絡ください。
ご質問等もお気軽にお待ちしています。


第9回はレジナルド・ローズ作「12人の怒れる男」でした。

1950年代にアメリカでテレビドラマとして放映されて以来、世界中で上演された作品です。
東京演劇アンサンブルでも1970年に上演しています。

「過去二回、別の劇団の上演を観たが今回はまた全然違う印象だった」
「本当に、現在に通ずるものがあった」
「裁判員制度と陪審員制度そのものが日本とアメリカをよく表している」

等々読書後の感想を言い合あう時間も盛り上がりました。


この日もプロダクションや劇団に所属している俳優の方や、大学生、社会人の方など、沢山の方が来てくださいました。

そして、新参加者3名を含み、過去最多の15人が参加しました!




チラシデザインは劇団員の山﨑智子です!
そちらもご覧ください!!

東京演劇アンサンブルHP
http://www.tee.co.jp



坂手 洋二(さかて ようじ、1962年3月11日~ )
日本の劇作家・演出家。劇団「燐光群」主宰。
1983年燐光群旗揚げ。『神々の国の首都』『屋根裏』等でヨーロッパ・アメリカ公演を行う。岸田國士戯曲賞、鶴屋南北戯曲賞、読売文学賞、紀伊國屋演劇賞、朝日舞台芸術賞、読売演劇大賞最優秀演出家賞を受賞。日本劇作家協会理事。日本演出者協会理事。
社団法人国際演劇協会(ITI/ユネスコ 日本センター)理事。
1991年 『ブレスレス ゴミ袋を呼吸する夜の物語』(燐光群公演)岸田國士戯曲賞

1999年 『天皇と接吻』(燐光群公演)読売演劇大賞最優秀演出家賞

2002年 紀伊國屋演劇賞個人賞

2002年 『屋根裏』(燐光群公演)読売文学賞戯曲・シナリオ賞






東京演劇アンサンブル
1954年4月,俳優座養成所を卒業した3期生の有志が結成。初めは劇団三期会を名のったが,67年 12月現名称に改称した。早くからブレヒト作品に取組み,80年元映画スタジオを改装して設けた劇場「ブレヒトの芝居小屋」を開場,活動の拠点とする。広渡常敏演出によるブレヒト作『セチュアンの善人』,『ガリレイの生涯』,チェーホフ作『かもめ』などが代表作。岸田国士作品の連続上演も行なった
コメント   この記事についてブログを書く
« TEEリレートークVol.28 『芝... | トップ | 『音楽劇 はらっぱのおはな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

芝居小屋企画」カテゴリの最新記事