書斎の周辺

本を読んだり、書いたり、夢中になったり、飽きてしまったりの日々

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小説現代を買ってみた

2020年03月01日 | 読書



 「小説現代」が装い新たにして復活したというので、買ってみた。
 注目したのは、毎号読み切り作品だけ登載というところだ。
 1年半休刊しての再発行。全部読み切りで、中には長編もというので、どんな出来映えかちょ
っと見てみたい気になったのだ。

 どこにでもあるだろうと、通りがかりの書店に行ったら、なかった。
 ちょっと焦って大型書店に行ったら、一冊だけあった。
 慌てて買ったが、いったいどうなっているのか。

 小説雑誌には珍しく、付録がついていた。
 ぺらぺらのブックカバーが、仰々しく段ボールの箱の包まれて、本誌とセットになっている。
 これが欲しくて買う人がいるのか。そんなことはないだろう。
 こんなものがついていると、逆に安っぽく見えてしまう。
 小説雑誌などどうせ売れないだろうと、書店があまり仕入れをしてないのだろうか。

 せっかく買ったので、とりあえず、目玉になっている長編読みきりの作品を読んでみた。
 薬丸岳「告解」。原稿用紙にして400枚程度の作品。
 4月に単行本として発売されるらしい。
 薬丸岳は江戸川乱歩賞の受賞でデビューした作家らしいが、知らなかった。

 面白く読めはしたが、本離れしている人を引き戻すにはやや力不足か。
 出版業界も大変だなと、改めて考えさせられた。
コメント (1)

Simple Translate

2020年02月23日 | シャンソン

シャンソンを歌うとき、意味がわからないと、感情移入が出来ない。
正確に翻訳は出来なくても、少しくらいは意味を理解したい。
と思って辞書を引こうとすると、これがけっこう煩わしい。
Simple Translateだと、単語の上にカーソルを置くだけで意味がわかって便利なのだが、
この機能はネット上でしか利用できない。
それならと、その歌詞をネットに登載して、それを見ながらSimple Translateを利用しようと試してみた。
うまくいったが、本人以外には不要な情報なので、ちょっと気が引ける。

Bon voyage

Pas la peine de prendre
Cet air triste en me quittant
Puisque celle qui t’aime t’attend
Offre-lui de ma part ces lilas du jardin
Je ne lui en veux pas
Je la plains.

Bon voyage! Bon voyage!
Le soleil brillera bien sans toi
Tu peux faire une croix
J’ai fini de t’aimer
Bon voyage! Et ne reviens jamais.

Je m’emporte, c’est bête
Je te souhaite d’être heureux
On m’a dit qu’elle avait de beaux yeux
On m’a même ajouté,
Comme pour t’excuser,
Que tu l’aimes au point de l’épouser.

Bon voyage! Bon voyage!
Ta tendresse pour moi, garde-la
Quand tu vas tout à l’heure 
Te jeter dans ses bras
N’aie pas peur que je pleure pour ça.
コメント

ACCESS再インストール

2020年02月14日 | パソコン

 意を決して、ACCESSをアンインストールして、再インストールしたら、うまくいった。
 ライセンスが無効になることもなかった。
 "WindowsでMicrosoft Office Access2010を設定しています"というわけわからないメッセージも出なくなった。
 ほっとひと安心というところだが、なぜこんなメッセージがでるようになったのかわからない。

 Windows10は春秋2回、自動的に機能アップデートされるようだが、つい最近行ったこれが原因のような気がする。
 最近、ディスクトップにdisktop.iniというアイコンが表示されるようになった。
 ディスプレイの背景色も、以前は群青にしていたのに、いつの間にか黒に変わった。
 どちらも元通りに戻したが、機能アップの際に変わったとしか思えない。

 もうひとつ、急に空き容量が少なくなった。
 調べてみると、原因は、以前Kさんが指摘されていた Windows.old というファイルだった。
 これは機能アップデートの際に作られるバックアップファイルのようだ。
 不要なので削除すると、20GB程度空きが増え、もとどおりになった。

 今回、あれこれと調べているうちに Access runtime というソフトについて再認識させられた。
 なんとなく知ってはいたが、必要性がないので詳しく調べたことがなかった。
 これを使えば、作成したDBは Accessのないパソコンででも利用できるのだ。
 試しにと、ダウンロードして使ってみたが、けっこう便利。
 いまのところ必要性はないが、いつか使ってみたい。 
コメント

マイクロソフトのサービス

2020年02月11日 | パソコン
 最近突然、ACCESSがおかしくなった。
 起動させるたびに、Windows Microsoft Office Access2010を設定しています、というメッセージが出て、しばらく動かない。
 利用することはできるのだが、毎回このメッセージが出るのが煩わしい。
 最近何も手を加えていないのだ。あえていえば、Windowsの自動更新をしたくらい。

 調べてみると同様の現象で困っている人は多いようだ。
 ネット上にはいろいろ解決策が載っているが、どれも役立たなかった。
 最後の手段として、アンインストールして再インストールという方法があるが、もしそれをしたときライセンスが無効になったらどうしようと、ちょっと不安になってきた。

 で、サービスセンターに確認してみようかなと、サービスセンターを探したら、パソコンでやりとりする画面が出てきた。試しに使ってみたが、返答が核心からずれている。
 電話はないのかと探してみるが、どこにも見当たらない。

 電話では人件費がかかってたまらないということだろうが、市場を独占していて、他に選択の余地がほとんどない状態でそれはないだろう。

 ふと、昔電話したのを思い出して、調べてみたら、あった。
 WindowsXPで使っていたソフトを、7のプリインストールされている機種に再インストールしようとしてライセンス認証して貰ったことがあった。
 どうして見つけ出したのか忘れたが、そのときの電話番号が、いまも使えるようだ。
 これでひと安心。
 いちど再インストールしてみよう。

 それにしても、パソコン市場をマイクロソフトが牛耳っているくせに、このサービス体制では実に腹立たしい。
 EXCELはぼくの使ってるレベルなら他のソフトで代替できる。
 WORDはまったく使っていない。
 Officeで使っているのはACCESSだけ。
 これさえ何かに代替できれば、マイクロソフトの製品にお世話になることはないのだが。
 

コメント

ATOKの便利な機能

2020年02月06日 | パソコン

 ATOKは、平成元年、一太郎4が発売されたときから使っているので、もう30年以上になるが、マニュアルを読むことはほとんどなかった。
 このたび、ふとしたことから、誤って半角入力しても、そのまま全角に戻して変換できる機能があると知って、調べてみた。

 試してみると、確かにできた。

 誤って半角で入力しても、その最後のところにカーソルを置いて、Ctrl + BackSpaseを押せば、ちゃんと全角文字になって変換されるのだ。

 つい最近、StylusとうアドオンをFireFoxに設定したばかりだったが、これならいらないか。と思って試してみたら、なぜかFireFoxではこの機能が使えない。

 それではといろいろ試してみたら、Explorer11ではうまくいったが、GoogleChromeでもだめだった。
 それ以外のソフトもいろいろ試してみたが、使えたり、使えなかったりで一貫性がない。

 エディターでは、残念ながら愛用のQXはだめだったが、秀丸やMeryではうまくいく。
 ACCESSやEXCELでもいける。
 最近愛用しているwDiaryでもいけた。

 文章を書くとき、誤って半角で入力するというミスがいちばん多いのはネット検索するときなのだが、FireFoxで使えないのは痛い。
 Explorerに変えれば便利かも知れないが、わけあって、それはあまりしたくない。

 ちょっと思案中。
コメント