電凸

依頼事項リスト103
http://dentotsu.jp.land.to/irai103.html#Q103_18
>■102-375 マンセー名無しさん 2006/07/21(金) 11:55:14 ID:DpsqUHPr
>【依頼】検証史料を提示してほしい

と依頼は出ているようだが、20日時点のログ見ると日経答えになってないようだね

http://dentotsu.jp.land.to/nikkei1.html#nikkei10
>東京本社に電凸。外堀を埋めるつもりが埋めることができなかった
>
>Q.問題のメモは今、だれが、どこで保管しているのか
>A.お答え出来ません。
>Q.問題のメモを調査したいと思ったら(個人、大学教授等)見ることはできるのか
>A.今は無理。今後については未定
>Q.メモは4P目だったけれど、全体像をつかみたいので1~3P目の掲載はいつ頃にな
>  るか
>A.調査をはじめたばかりなので未定
>Q.メモは故富田氏のものであるらしいが、いつだれがどのような経緯でそちらにいった
>  のか。家族が残したものであるそうだけど
>A.取材源の秘匿のため、答えられない

だそうな。大部経ったから、「いい加減そろそろなんで公開しないの?」
と再電凸してもよさげだが


日経に電凸
 結論として、今回の件に関して日経新聞は「かなり胡散臭い」。日経が経団連の意向を汲んで中国のご機嫌を伺うために、昨年秋から入手していた富田メモを、この時期に、経団連や首相の靖国参拝に反対する勢力に都合のいい解釈が出来るような扱い方をしているのではないか、つまり「捏造まがい」ではないのかと勘ぐってしまう。


592:名無しさん@6周年 :2006/07/21(金) 00:19:54 ID:Km+k5sYW0
NEWS23に電話して聞いてみた。

Q:メモの”私”が昭和天皇とした根拠は?
A:静岡福祉大の高橋教授がそう言った。周辺取材をして判断した。

で色々突っ込んでみると。「昭和天皇が述べたというメモが見付かったと放送しただけ」「昭和天皇だと断定していません。」だと。

Q:昭和天皇が述べたという根拠は?
A:…

---------
20 名前:∀ラスカル ◆xMeN8RBOyI [sage ジェノサイド・ダンス] 投稿日:2006/07/20(木) 17:43:36 ID:uzKh6C3I
日経新聞に電凸してみたw 以下、そのやり取りw

ラ:『昭和天皇陛下のご発言のメモ書きの記事について、いくつか伺いたいのですが・・・』
日:『手短にお願いいたします。
ラ:『まず、あのメモがこのタイミングで発見されて記事になったと言うことには、何らかの政治的な意図があるのですか?』
日:『いえ、このたび新たに発見されたと言うことです。』
ラ:『なるほど。しかし、メモの存在自体は20年位前から遺族会の間では知られていたということですが、日経新聞さんほどの新聞社さんが、そのことを知らないと言うことはないですよね?』
日:『そうなんですか?ただ、今回改めて発見されたと言うことで記事にしたのですが。』
ラ:『20年弱経過した紙が一切黄ばんでいない点につきましては、どのようにお考えですか?
日:『いえ、ことがことですので、わが社としましても検証はしたのですが・・・』
ラ:『そうですよね。であれば、科学的な年代鑑定や筆跡鑑定などもされているのですよね?』
日:『はあ、それにつきましては、今後の連載記事で検証をいたしますし、
   朝日さんや毎日さん、讀賣さんも夕刊の一面トップにもってきているということですから、各新聞社さんとも検証をしていると思うのですが・・・』

以下、『各新聞社さんとも~』ループが続く。
ラ:『ことがことですから、もし誤報なり捏造だったら日経さん自体も会社の危機ですよね?』
日:『もし本当だったらどうするんですか?』
ラ:『昭和天皇陛下のお心がそういうことであったのかと、思いをいたすだけですが?w』

------
742 名前:∀ラスカル ◆xMeN8RBOyI [sage ジェノサイド・ダンス] 投稿日:2006/07/21(金) 18:44:21 ID:8WUVg7pb
本日14:15時点での日経東京本社への電凸w

日経新聞東京本社 お客様問い合わせ係の担当者との対話

(まずは、報道姿勢について聞いてみよう)
日:『わが社としては、このメモは本物であると確信して報道しております。』
ラ:『というときちんと検証されたのですか?』
日:『ハイ。』
  『史実的な資料として重要であると考えまして、これは広く報道しなければならないと判断し、報道しました。』

以下、質問スタートw
ラ:『昨日の昭和天皇のメモについての記事に関して質問をしたいのですが?』
日:『どのような内容でしょう?』
(物的な証拠について聞いてみよう)
ラ:『メモ書きの紙質についてですが・・・(以下、紙、ペンのインク、糊について質問する)』

日:『はあ、そこまで詳しくは検証していないのですが、あのメモは富田宮内庁長官のメモということですから・・・・』

(今度は内容面について聞いてみよう)
ラ:『あのメモ書きの「私』という表現についてなんですが、あの「私」というのは、本当に昭和天皇なんですか?』

日:『と言いますと?』

ラ:『いえ、朝日新聞社から出版されていた「徳川侍従長の遺言」という本の中で展開されている徳川氏のA級戦犯合祀に対する批判的な論調と、
  今回のメモ書きの論理展開がほぼ完全に同じなんですよ(具体的に読み上げて)。」

  『二人の論理展開の手法が完全に同じである、というのは明らかに不自然である、と思いませんか?」

日:『いえ、侍従長は天皇と常に一緒にいるわけですから、思考が同じになっても不自然だとは思いませんが?」

ラ:『なるほど。でも、あの「私」なる人物が徳川侍従長であると考えたら、全てにつじつまが合いますよね?」

日:『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・では、貴方様はそのように考えていらっしゃると?」

ラ:『考えているというよりは、論理的に考えてそれしかありえないと考えております。』

日:『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・一つのご意見として伺っておきます。」

ラ:『次に伺いたいのは、「参拝」という言葉についてなんですが、天皇が靖国を訪れる場合、「親拝」という言葉を用いるんですよ。
   もし、あのメモが天皇ご自身の書かれたものであれば「参拝」という表現を用いることもありえましょうが、
   臣下である宮内庁長官が「参拝」なんていう言葉を用いることもなければ、知らないということもあり得ないですよね?』

日:『 「親拝」という言葉を用いるんですか?それは存じませんでした。』

ラ:『使われている言葉の一言一句を検証するのが修辞学の基礎ですよね?この言葉を用いられる省略された主語の人物として、天皇はふさわしくないのではありませんか?』

日:『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・今後、検証します。』
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 徳川侍従長発言説 22日以前に... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (Unknown)
2006-07-21 15:35:21
新聞社やマスコミに対する電凸も続けていかなければならないが・・・・・・。



宮内庁や政府筋にも当然のように凸をすべきだろうね。若しかしたらそっちの方が解決が早いかもしれない。

 
 
 
「静岡福祉大の高橋教授」 (夜帆。)
2006-07-22 16:07:20
こんにちは (^^)/。



「静岡福祉大の高橋教授」 について、調べてみました。



 そうしたら、こんなページ↓が (^^;)。

http://oncon.seesaa.net/article/9184323.html
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。