日経新聞8月3日

(1)記事要約


当日の富田メモは計4枚。一枚目の書き出しに「63.4.28 1117-1153(吹上)」とあり、富田氏が午前11時17分から同11時53分までの間、吹上御所で昭和天皇と会ったことが記されている。スケジュールを書き留めた別の手帳にも同日午前に言上と丸で囲んだ表記がある。メモ4枚のうち1、2枚目はこの年の3月に腸の手術を受けた昭和天皇の三女、鷹司和子さんの退院の見通しなど報告の内容の箇条書きとなっている。ついでこの日、最大の話題の天皇誕生日前の記者会見に話が移る。
冒頭に「PRESSとの会見」とある三枚目のメモには会見についての天皇の感想が生の言葉でつづられており、それが靖国神社のA級戦犯合祀に言及するきっかけとなった。二十九日の誕生日前の宮内記者会との会見は数日前に行われるのが通例で、八八年は二十五日に実施。昭和天皇は翌年一月に崩御したため最後の記者会見となった。

続けて八八年の会見について「戦争の感想を問われ、嫌な気持ちを表現した」「嫌だといったのは(当時の閣僚の名)の靖国発言 中国への言及に引っ掛けて言ったつもりである」などとある。とうじ、閣僚の発言に中国が反発したことがあり、これを気にかけていたことが伺える。

当時の一部報道によると、宮内庁の内部で打ちあわせた回答原案では「つらい思い出」と表現するよていだったが、天皇が「嫌な」と言い換えていた。その真意は定かではなかった。

これを受けて4枚目のメモで「前にもあったね」として過去にも首相の靖国公式参拝や数年前の閣僚の戦争に関する発言に触れている。この話の流れの中で、メモ後半部分に「私は或る時に・・・・私の心だ」などとする靖国不参拝の理由の述べた発言が記述されていたこの年の記者会見で「戦争の最大の原因は」と問われた天皇は[人物の批判になるので述べることは避けたい」と答えている。メモ4枚目の末尾に「関連質問 関係者もおり批判になるの意」とあり、この事実と符合している

この年の5月20日のメモにも「靖国のことは多く相当のものも知らぬ。長官が何らかの形でやって欲しい」とあるほか、86年7月23日付の日記で「靖国のこと、教科書問題などで言上しきりである」などの記述がある。これらの問題に昭和天皇が気にかけていたことが伺える。

富田氏のスケジュール手帳には一日ごとに、合った人たちの名がこまめに記されている。それによると、八八年四月二八日に富田氏が会ったのは午前中に外務次官と昭和天皇午後は皇太子(今の天皇陛下)、夜は新聞記者の取材を受けている。それ以外の名は一切記載されていない。


(3) 8月4日の日経新聞


779 名前:名無しさん@6周年[sage] 投稿日:2006/08/06(日) 01:03:01 ID:5iaXFH5K0

富田氏の日記より抜粋 1982年8月30日 (日経新聞 2006/7/21 p.33)
 陛下と約90分。教科書問題に関連して韓国や中国へのお気持ち大正末期、昭和初期の事実をふまえてお話し下さる。白い霧が窓の外を渦巻いていた。一月半位でお目にかかったが、すっかり回復されておられる。

富田氏の日記より抜粋 1986年7月23日 (日経新聞 2006/7/21 p.33)
 このところ高松(宮)さんのこと、靖国のこと、教科書問題などでお召し言上しきりである。何故か那須へ共奉した夕、国際連盟脱退のこと、日米開戦前後のことなど、色々とお話を戴いた。東京はまだ暑いから十分に気をつけてねとのおいたわりの
お言葉と共に忘れがたい。

富田氏の日記より抜粋 1986年12月8日 (日経新聞 2006/7/21 p.33)
 四十五年を経た十二月八日。陛下とマッカーサーの記事が大きく紙面を飾るのみとなった。午後、陛下と約1時間、私の方からは南庭の冬、小春日和で、紅葉と常緑の木々の庭が眺められる。何かとお話申し上げたが、開戦の日のことはふれなかったし、陛下からもあえて何のお話もなかった。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 日本メディアの闇 週刊新潮(8月... »
 
コメント
 
 
 
B説の欠陥 (ぴーちく)
2006-08-06 04:23:34
>皇籍を離れた女性のところに見舞いに行ったり看病

>したりするのは、誰だろうか?実家の家族・親戚

>(皇族)やその使用人(侍従)ではないだろうか?



B説の根拠はこの疑問から生じているが、いかに皇籍を離れたとは言え、昭和天皇のご息女である以上、宮内庁として病状や経過について把握しているのは当然だろうと思う。



そもそも最も可能性の高いのは、鷹司和子さんのご家族、またはご本人から宮内庁に退院に関する連絡が届いていた可能性。これを真っ先に無視するのはいただけないと思う。
 
 
 
鷹司さま (NAHI)
2006-08-11 21:35:32
鷹司和子さんのお世話係が徳川氏だったのは宮内庁が発表しているとの事ですが実際はそうだったんでしょうか?

http://ameblo.jp/disclo/entry-10015711683.html
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。